DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。セキドの深澤です。

4月28日に、いよいよ DJI Mavic Air 2 が発表されましたね。

さて今回は「Mavic Air 2 と Mavic Mini、どっちを買ったらいいんだろう?」というアナタの悩みを解決すべく、それぞれの機体を徹底比較してメリット・デメリットをお伝えします!

DJI MAVIC AIR 2 商品一覧

DJI MAVIC MINI 商品一覧

 

Mavic Air 2 とコンシューマー向けドローンのフラッグシップ機と言っても過言ではない Mavic 2 との比較については、こちらをご覧ください。

話題の新製品 Mavic Air 2 は Mavic 2 を超えられるか?
ガチンコレビュー&検証してみた!!

 

まず気になるデザインは?

こちらが Mavic Air 2 です。

先発の記事でも取り上げられていますが、Mavic 2シリーズに本当にそっくりです。

細部のデティールは異なりますが、遠目に見ただけでは見分けがつかないかもしれません。
正直、私も近くまで寄らないと間違えてしまいそうなほどの見た目です。

 

Mavic Mini と比べてみると?

Mavic Miniと比べると、意外と大きいですね。

色は Mavic 2 に近いマットグレーで、Mavic Mini より暗めの色となっております。

 

Mavic Mini 199gに対し、今回の Mavic Air 2 の重量は570gなので、ヤングジャンプ(600g)と同じくらいです。

少しずっしりとしていますが、およそ900gの Mavic 2 に比べると2/3の重さです。
同じ名前を冠するモノ同士、見た目や折りたたみかたはそっくりですね。

 

先代の Mavic Air と比べると、ひとまわり大きくなりました。

 

横から見ると分かりやすいですね。

 

 

気になるフライト時のプロペラ音は?

撮影するときに気になるのがプロペラの音。

フライトしていたら周囲からの注目を集めてしまった、、、なんて経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

飛行音のテストのため、実際にフライトさせて比較した動画がこちらです。

 

プロペラに注目すると、Mavic Mini や Mavic 2 シリーズのプロペラに近い形状で、薄く仕上げられています。

プロペラ自体も初代 Mavic Air とは仕様が変わり、折りたためるようになりました。
並べてみると大きく感じますね。(左が Mini、右は Air 2 です)

プロペラの直径が大きくなればなるほど、機体の推進力は増します。
最大スピードは、スポーツモードにて Mavic Mini が13 m/sMavic Air 2 は 19m/sが公称スペックで、6m/sの差がつきました。

 

 

風に強いのはどっち?

耐風性能については Mavic 2、Mavic Mini と比較したこちらの動画をご覧ください。

Mavic Air 2 の耐風テスト動画

 

Mavic Mini の耐風テスト動画

耐風性能については Mavic Air 2 に軍配が上がりそうですね。

とは言え、Mavic Mini もこの大きさ・この価格帯のドローンにしては、本当によく頑張っています。

Mavic Air 2 はさらにふらつきが少なく、ホバリングを維持しています。

 

 

どのくらい飛べるの?

ということで、Mavic Air 2 の連続飛行時間を検証してみましたので、ぜひ動画をご覧ください。

カタログ公称値

改めてカタログ公称値を確認すると、バッテリー1本あたりの最大フライト可能時間は下記の通りです。

Mavic Air 2 34分
Mavic Mini 18分
Mavic Air 20分

 

実際の飛行時間

実際に飛ばしてみたところ、着陸するまでホバリングで放置した際の飛行時間データはこのような結果でした。

Mavic Air 2 28分54秒
Mavic Mini 13分01秒
Mavic Air 14分45秒

なんと、Mavic Mini 13分に対し、Mavic Air 2 は28分ダブルスコア以上での勝利です。

今回はいずれもプロペラガードは装着しない状態で実験を行っています。
撮影時間が長く取れるということは、持ち出す必要のあるバッテリー本数も少なくて済み、Mavic Air 2 のほうがより効率良く撮影に臨めそうですね。

 

なお、バッテリー1本あたりの価格ではMavic Miniのほうが安価になると予想されます。

Mavic Air 2 のバッテリー価格はまだ正式には公表されていませんが、Mavic Mini が税込 4,730円、先代の Mavic Air が税込 11,000円であることを考えると、バッテリー容量と価格は正比例すると推測できるためです。
※ Mavic Air 2 のバッテリー価格は税込 13,200円となります(追記)

MAVIC AIR 2 インテリジェント フライトバッテリー 詳細

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

価格も重さも異なる2機ですが、それぞれ方向性の違う機体となっており、機体購入時の参考にしていただければと思います。

 

Mavic Air 2 をおすすめするお客さま

・予算10~13万円で、ミドルクラスのドローンが欲しい
・クルマやバイク、スポーツなどの撮影が多く、自動追尾機能を使ってみたい
・48MPの高画素数カメラを使ってみたい
・4K動画や8Kハイパーラプスなど、幅広い撮影にも挑戦したい
・OcuSync2.0にこだわりたい。ドローンを遠くまで飛ばして、被写体を広く捉えたい
・フライトは構造物のある環境が多い、もしくは障害物センサーがついた機体が欲しい
・外出はクルマが多く、荷物を積むことができる
・バッテリーの本数をできるだけ抑えつつ、長時間のフライトをしたい
・内部ストレージが欲しい

ということで、新しい Mavic Air 2 が発売したらすぐに欲しい!というお客さまはこちらから通販にてご購入頂けます。

一番人気!買い替え、買い増しの方はコチラMAVIC AIR 2 スタンダードセット【賠償責任保険付】詳細

はじめてのドローン購入!という方はコチラMAVIC AIR 2 ビギナーセット【賠償責任保険付】詳細

iPadの大画面ではじめたい!という方はコチラMAVIC AIR 2 スターターフルセット【賠償責任保険付】詳細

基本のセットはコチラMAVIC AIR 2 Fly More Combo【賠償責任保険付】詳細

シンプルに機体のみで!という方はコチラMAVIC AIR 2【賠償責任保険付】詳細

 

Mavic Mini をおすすめするお客さま

・予算5~6万円で、とりあえず屋外で飛ばせるドローンが欲しい
・すでに Mavic 2 などの上位機種を持っており、サブ機が欲しい
・改正航空法を気にせず、気軽にドローンのフライトや空撮をしたい
・旅行先でのセルフィーなど、短時間の撮影にドローンを使ってみたい
・山岳での登山など、できるだけコンパクトな荷物量にドローンを持ち出したい
・お出掛けには公共交通機関や二輪車を使うことが多く、荷物をコンパクトにまとめたい
・障害物がなく、広く開けた場所でのフライトが中心
・撮影した写真・動画はSNSにアップすることが中心
・部屋の中でもフライトしてみたい

圧倒的にコンパクトで、おうちでも楽しめる Mavic Mini がいいな!というお客さまはコチラMavic Mini 商品一覧

はじめての方からサブ機として買い増しの方までお得なセットはコチラMAVIC MINI 空撮セット【賠償責任保険付】詳細

 

ちなみに、操縦や動画編集に使うアプリ「DJI Fly」は共通です。
どちらの機体をお迎えしても、編集機能もそのままお使いいただけます。

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
新商品や役立つコンテンツ、キャンペーン情報が届く!メルマガ登録

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?