DJI FlyCart 30 [977564] セキドオンラインストア DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店

ゲスト 様

DJI FlyCart 30

※写真はイメージです。

型番 977564
販売価格 0円(税込0円)
購入数
セット

Amazon Pay 利用可能

DJI初の物流ドローン DJI FlyCart 30 運搬フライト実演セミナー 2024.2.19〜3.15

【価格について】

DJI FlyCart 30
→2,608,100円(税込)

※この商品は別途ご案内しております。ご予約・お見積もりは下記フォームよりお問い合わせください。

DJI 物流ドローン(DJI FlyCart 30)
お見積りフォーム▶ ▶︎

DJIの物流ドローン「FlyCart 30」の驚きの実力--「安全性」と「機能性」をデモフライトで披露

CNET Japan の取材を受けた FlyCart 30 の紹介記事が公開されました!

【動画紹介】

【製品紹介】

DJI FlyCart 30

物流に、新たな未来を

物流ドローンDJI FlyCart 30が誕生しました。
強力な伝送信号とインテリジェンスを兼ね備え、重量物の長距離配送が可能なDJI FlyCart 30は、貨物モードとウインチモードに対応し、従来の物流の限界を超え、安全で経済的、効率的なドローン配送ソリューションを実現します。

重量貨物を搭載
長距離輸送可能
最大積載量 30 kg [1]
飛行距離(無積載時) 28 km [2]
飛行距離(最大積載時)16 km [3]
最大速度 20 m/s [4]

最大積載量、飛行距離(無積載時/最大積載時)の値はデュアルバッテリー モードで測定。
極限状態にも
耐える設計
最大飛行高度 6000 m [5]
動作温度環境 -20° to 45° C [6]
最大風圧抵抗 12 m/s [7]
強力な伝送信号

O3映像伝送 20 km [8]
強力な4G映像伝送 [9]
デュアル制御モード [10]
高解像度FPVジンバルカメラ
高度な安全性 &
インテリジェンス
保護等級IP55および耐腐食性 [11]
レーダー、両眼ビジョンシステム、
インテリジェント障害物検知[12]
デュアルバッテリー & パラシュート
利便性の高い構成

折りたたみ式
70 L EPPケース [13]
ウインチシステム
完全自動制御

DJI Pilot 2
DJI DeliveryHub
状態管理システム

配送に特化した設計

必要なものを、必要な場所へ

高い積載能力および長距離飛行により、物流上の制約を克服し、次世代の配送を実現します。

30kg
最大積載量
(デュアルバッテリー)[1]
40kg
最大積載量
(シングルバッテリー)[1]
28km
無積載時の最大航続距離
(デュアルバッテリー)[2]
16km
最大積載時の最大航続距離
(デュアルバッテリー)[3]
20m/s
最高飛行速度
(カーボンファイバー製プロペラを使用した場合)[4]
15m/s
巡航速度[4]

どんな天候でも、実力を発揮

過酷な高度や気象条件下でも、24時間の運用に耐えることができます。

6000 m
最大飛行高度 [5]
-20°C〜45°C
動作環境温度 [6]
IP55
保護等級 [11]
12 m/s
最大風圧抵抗 [7]

安全性と信頼性を兼ね備えた配送

離陸から着陸までの安全性を確保します。

緊急時に安全に着陸できるように、複数の代替着陸地点を設定します。

離着陸時の光と音でのアラート、プロペラ回転開始時の6秒遅延、着陸の二次確認など、複数の機能により安全な離着陸を実現しています。RTKモジュールを使用すると、cmレベルの測位を実現し、離着陸の安全性をさらに向上させます。

緊急時には、内蔵パラシュートを低高度で開くことで、ドローンを安全に着陸させることができるため、人や資産に対するリスクを低減できます[14]。パラシュートは、起動時のセルフチェック、独立電源、音と光による警告、開く前にプロペラの回転を停止する機能を備えています。

インテリジェント障害物検知 [12]

DJI FlyCart 30は、前方・後方のフェーズド アレイレーダーとデュアル両眼ビジョンシステムを搭載しており、インテリジェント多方向障害物検知を実現しています[12]。内蔵のADS-B信号レシーバーは、付近の有人航空機を検知して警告します。

複数レベルの冗長性

DJI FlyCart 30は、過酷な環境下でも飛行の安全性を保証するために、高い冗長性を備えて設計されています。
デュアルバッテリーシステムを搭載しており、飛行中に片方のバッテリーが故障した場合でも、もう一方のバッテリーがドローンの飛行を継続し、安全な帰還を保証します。

DJI FlyCart 30 | 複数レベルの冗長性

安定した長距離映像伝送

DJI FlyCart 30は、最大20 kmのDJI O3映像伝送に対応しています[8]
4アンテナ式送受信システムは、信号の送信に最適なアンテナをスマートに選択し、干渉防止機能を強化します。 DJIセルラードングル[15]は、DJI O3映像伝送と併用できるため、接続性と安定性を向上します。O3映像伝送が干渉を受けた場合、4Gネットワークが信号の安定性を維持し、映像伝送できるため、複雑な環境でも優れた飛行安全性を確保します。

スムーズかつ簡単な機体制御

DJI RC Plusは7インチの高輝度画面を搭載し、デュアル制御モードに対応しています[10]。このモードでは、2人のオペレーターが制御権限を簡単に転送することができ、様々なオペレーションのニーズに対応します。

DJI FlyCart 30 | スムーズかつ簡単な機体制御

過酷な環境に耐えるタフ設計

保護等級 IP54 [11]
防水性と防塵性
-20°C 〜 50°C [6]
過酷な環境でも性能を発揮
DJI FlyCart 30 | 過酷な環境に耐えるタフ設計

安定した映像伝送と長時間バッテリー駆動

最大20 km先から伝送できる
4アンテナO3映像伝送 [8]

最適なアンテナをインテリジェントに選択し、より安定した映像伝送を実現します。

DJI FlyCart 30 | 4アンテナO3映像伝送

強力な4G映像伝送[9]

送信機はWi-Fiに接続できるほか、DJIセルラードングル[15]を使用して携帯電話ネットワークに接続すると、強力な4G映像伝送[9]に対応します。

DJI FlyCart 30 | 強力な4G映像伝送

6時間の長時間
バッテリー駆動 [16]

内部および外部バッテリー構成により、送信機は6時間[16]駆動し、バッテリーのホットスワップ交換が可能なため、シームレスで中断のない飛行オペレーションを実現します。

DJI FlyCart 30 | 6時間の長時間バッテリー駆動

選べるペイロード構成

本製品には、貨物モードとウインチモードの2種類のペイロード構成モードが搭載され、目的地の状態に応じて構成を変更することが可能です。

DJI FlyCart 30 | 効率性と安定性を併せ持つ貨物モード

効率性と安定性を併せ持つ貨物モード

最大容量 70 L[17]
最大積載量 30 kg(デュアルバッテリー)[1]
最大積載量 40 kg(シングルバッテリー)[1]

DJI FlyCart 30には、EPPケース[13]が標準搭載されており、積み下ろし作業を簡単に行うことができます。

重量と重心の検出により、確実に積載貨物のバランスを保ち、安全かつ安定した飛行が実現します。

DJI FlyCart 30 | 柔軟で高精度なウインチモード

柔軟で高精度なウインチモード

最大積載量 30 kg(デュアルバッテリー)[1]
最大積載量 40 kg(シングルバッテリー)[1]
最大吊り下げ速度 0.8 m/s
ケーブル最大長 20 m

*ウインチシステム キットは、別売です。

ウインチモードでは、ウインチシステムを使用し、吊り下げられた貨物を手動または自動でケーブルを制御して降下できます。貨物は接地時に自動的にリリースされ、手動で取り外す必要がないため、確実に安全で正確な配送を実行します。

DJI FlyCart 30は、姿勢をスマートに調整し、貨物の揺れを最小限に抑え、安定性を向上させます。吊り荷が引っかかったり絡まったりするような極端な状況下では、ウインチケーブルを加熱して切断し、ドローンを解放することが可能です。

ドローン配送の
ワンストップソリューション

DJI Pilot 2とDJI DeliveryHubは、ドローン配送管理のための強力かつ効率的で、柔軟なワンストップソリューションを提供します。

すぐに使用できる
シンプルなドローン配送

DJI Pilot 2は、リアルタイムでの飛行ステータス、貨物ステータス、その他のインタラクティブなインターフェイスを表示し、DJI FlyCart 30による効率的かつ安全なオペレーションを実現します。

DJI FlyCart 30 | すぐに使用できるシンプルなドローン配送

リアルタイムの飛行安全アラート

バッテリー残量、電源状態、飛行距離をリアルタイムで確認し、目的地までの到達可能性をモニタリングし、オペレーションの安全性を確保します。
異常気象やその他の異常事態が発生した場合、DJI Pilot 2は、オペレーターにリスクを警告し、代替着陸地点の管理をサポートします。

スマートなアシストで高い効率性

DJI Pilot 2は、貨物のステータスを視覚的に表示し、ウインチシステムをスマートに制御して、効率的な配送を実現します。

長距離の安定飛行中は、クルーズ制御を使用することにより、パイロットの疲労を軽減できます。

標高プロファイルにより、地形の変化や周囲の環境をリアルタイムに表示します。

ARプロジェクションは、正確な着陸と貨物の降下をサポートします。

飛行ルートを記録し、自動的に再飛行させることができます。

複数の端末間で共同作業

DJI DeliveryHubは、ワンストップのドローン配送管理プラットフォームです。効率的な運用計画、包括的な運用ステータスのモニタリング、チームリソースの集中管理、データの収集と分析を容易にします。

DJI FlyCart 30 | 複数の端末間で共同作業

タスクの計画と実行

タスクの作成・計画、デバイスの割り当てを遠隔で行うことができます。また、安全チェックを確認したり、ワンタップ離陸を実行したりできます。効率性を高め、記録された飛行ルートに基づいて計画された配送タスクを自動的に実行します。

包括的な状態モニタリング

2.5Dベースマップ[18]上でドローンとタスクのステータスを追跡します。ドローンの高解像度FPVジンバルカメラから、ライブビューで周囲の飛行環境を直接確認することができます。異常アラートを受信した場合、手動で制御して、飛行の安全性を確保します。タスク状態を通知して複数の端末で共有し、チームメイトと効率的に協力することができます。

チームリソースの集中管理

2.5Dベースマップ[18]に基づき、複雑な飛行ルートを素早く計画します。マークされた場所と代替着陸地点を管理して、チームでの連携・調整を効率的に行います。ドローンの状態、メンテナンス情報、DJI Careの状態を一括管理します。ドローン、ルート、時間の統計を表示し、効率を評価して、今後のオペレーションを最適化します。

  1. *飛行する前に、現地の法律および規制を確認し、厳守してください。
  2. **全データは、制御された環境下にて、DJI FlyCart 30の製品版モデルを使用して測定した値です。実際の使用体験は、周辺環境、使用方法、ファームウェアのバージョンによって異なる場合があります。
  3. ***本ページに記載されている全ての動画および写真は、撮影場所の法規制を厳格に遵守して撮影されたものです。
  4. ****使用前に、DJI Pilot 2アプリを使用してDJI FlyCart 30をアクティベートする必要があります。
  1. 1. データは海抜高度で測定した値です。シングルバッテリーとデュアルバッテリーでは状態が異なるのでご注意ください。最大積載重量が推奨値を超えないようにしてください。貨物ケースを使用するときは、鋭利な物を置かないでください。ウインチシステムを使用するときは、積載物がランディングギアに接触しないようにしてください。接触した場合、飛行安全性が影響を受ける可能性があります。
  2. 2. 海抜高度で、無風環境、無積載時に15 m/sの一定速度で、バッテリー残量が0%表示になるまでDJI FlyCart 30(デュアルバッテリーで動作時)を飛行させた時に測定。このデータはあくまで参考値です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(Return to Home)のプロンプトに注意してください。
  3. 3. 海抜高度で、無風環境、最大積載時に15 m/sの一定速度で、バッテリー残量が0%表示になるまでDJI FlyCart 30(デュアルバッテリーで動作時)を飛行させた時に測定。このデータはあくまで参考値です。飛行中は、DJI Pilot 2アプリのRTH(Return to Home)のプロンプトに注意してください。
  4. 4. 海抜高度で、無風環境、最大積載時にDJI FlyCart 30(デュアルバッテリーで動作時)を飛行させた時に測定。このデータはあくまで参考値です。
  5. 5. DJI FlyCart 30の積載量は、離陸高度が上昇するにつれて減少します。無積載時にデュアルバッテリーモードで飛行するDJI FlyCart 30の最大安全高度は、高度6000メートルです(高度4500メートルで離陸)。最大積載時のDJI FlyCart 30の最大安全高度は、高度3000メートルです。
  6. 6. 推定日射量960 W/屬蚤定。高温に長期間さらされると、特定の部品の寿命が短くなる場合があります。
  7. 7. DJI FlyCart 30は、離陸時と着陸時に最大風速12 m/sまで耐えることができます。
  8. 8. FCCに準拠し、障害物がなく、電波干渉が少ない環境で飛行している時の測定値です(日本:8 km)。このデータはあくまで参考値です。飛行中、アプリ上に表示されるリマインダーに注意を払ってください。
  9. 9. 強力な4G映像伝送を実現するには、DJI FlyCart 30のDJIセルラードングル(中国本土でのみ入手可能)をインターネットに接続してください。送信機は、強力な映像伝送用のDJモジュールかWi-Fiモジュールを使用してインターネットに接続できます。
  10. 10. 2台目の送信機は別売です。
  11. 11. 保護等級は恒久的なものではなく、長期間使用することで経年劣化や摩耗により時間とともに効果が低減する場合があります。保護等級は推進システムには適用されません。雨天飛行の後は、推進システムに腐食や錆が生じるのを防ぐために、地上で1分間アイドリング状態にしておくことを推奨します(24時間以内の降水量が24.9 mmを超える場合)。
  12. 12. 有効検知範囲と障害物検知能力は、周囲の明るさ、雨、霧に加え、障害物の材質、位置、形状などの特徴によって異なります。下方検知は主に地上が着陸可能かどうか判断するために使用されます。その他の方向の検知は障害物検知に使用されます。
  13. 13. 発泡ポリプロピレン(EPP)ケースの内部寸法は573×416×306 mm(長さ×幅×高さ)です。
  14. 14. 海抜高度、気温25℃の無風環境で、最大積載でDJI FlyCart 30(デュアルバッテリーで動作時)を飛行する時、パラシュートを開くための最低高度は60 m、終端降下速度は6 m/sです。
  15. 15. 強力な映像伝送用のDJIモジュールは別売で、中国本土でのみ利用可能です。
  16. 16. 海抜高度、気温25℃、無風環境のラボ環境下で測定。
  17. 17. 重心と重量の検知は、永続的に有効ではありません。必要に応じて、自重キャリブレーションを実行してください。
  18. 18. 2.5Dベースマップは、標高データがオーバーレイされた2Dマップです。
  19. 19. バッテリーに付帯する保証の期間として、1500サイクルまたは12か月のうち、いずれか早期に満了する期間が適用されます。
  20. 20. シングルバッテリーを急速充電する場合、充電器で220 Vのケーブルを2本同時に使用し、電源線やソケットが充電電力に耐えられることを確認してください。
  21. 21. 充電器の理論上の最大電力。実際の電力は、電圧によって変化する可能性があります。
  22. 22. 別売です。

※この商品は別途ご案内しております。ご予約・お見積もりは下記フォームよりお問い合わせください。

DJI 物流ドローン(DJI FlyCart 30)
お見積りフォーム▶ ▶︎

【ダウンロード】

開始まであと

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

このページの先頭へ