DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。セキド DJIインストラクターの深澤です。
今回は動画初心者さん向けに、“ タイムラプス撮影 ”について語ります。
 

タイムラプス動画とは?

「タイムラプス」とは、「time=時間」と「lapse=経過」を組み合わせた言葉で、いわゆる「パラパラ漫画風」の動画のことを指します。

「低速度撮影」や「微速度撮影」とも言われる方法で、写真を一定時間ごとに何十枚、何百枚と撮っていき、連続再生することで“ 早送りしたような動画 ”に仕上げることができます。言葉では少しわかりにくいのでまずは動画をご覧ください。


みなさん、広告やドキュメンタリー番組で見たこともあるのではないでしょうか。特に雲の動きや工作の作業工程、植物の芽吹き、きのこリウム、料理などとの相性は抜群です。
 
また、似た言葉で「ハイパーラプス」「モーションラプス」といった撮影方法もありますが、基本的な部分は一緒です。
 

モーションラプス

カメラの経路ポイントを設定して、タイムラプス動画に動きを加えた状態で撮影したもの

 

ハイパーラプス

カメラが移動しながら通過する景色をすべて撮影し、早送りしたもの


 
なお、タイムラプス動画のデメリットとしては「撮影に長い時間がかかる」ことが挙げられます。たとえば、10秒間のタイムラプスを撮影しようとすると、2秒ごとにシャッターを切る設定にしても10分間の撮影が必要です。
このあたりをうまく調整するために、シャッターのインターバル時間を上手に設定してあげることで、時間を節約することができます。

参考:DJI Pocket 2 で10秒間のタイムラプス動画を作成するための撮影所要時間

シャッター間隔 撮影所要時間
1秒 5分
2秒 10分
5秒 25分
30秒 150分
60秒 300分

 

一般的なタイムラプス動画の作り方

では、どんな手順を踏んだらタイムラプス動画が作れるのかを説明します。
大きく分けて2つの方法がありますので、それぞれ紹介していきますね。

パターン1. 動画編集ソフトを使う

手順1. 撮影

カメラを三脚で固定し、定点で一定時間ごとに連続してシャッターを切るように撮影設定を行います。

カメラによってはインターバル撮影機能を搭載しているものもあります。機能が搭載されていない場合は、外付けのタイマー機能付きのレリーズなどを利用するとよいでしょう。
 

手順2. 編集

撮影した静止画データを、動画編集ソフトを使って動画に変換します。フリーソフトも出ていますので、使いやすいソフトを試してみてください。

ただし、タイムラプス動画の生成に必要な写真の枚数は、5秒程度の動画であっても数百枚と膨大な量になります。
これには「動作の重い動画編集ソフトをまともに動かせるスペックのパソコン」が必要なので、グラフィックボードを積んでいてだいだい20万円以上のデスクトップPCを所有している方向けのプランです。 NVIDIA GeForce MSI Radeon を載せたゲーミングPCをお持ちの方はぜひチャレンジしてみてください。

余談ですが、グラボはGeForce派です。最近めっきりゲームしなくなりましたけど、FPSよりはMMORPGが好きでした。

 

パターン2. タイムラプス撮影機能のあるカメラを使う

こちらは パターン1. よりずっと楽です。

「撮影したら自動で編集して動画データとして記録してくれる夢のような機能」がついているカメラを使うことで、撮影ボタンを押すだけでタイムラプス動画の撮影が叶います。
撮影方法は各アプリの撮影モードから「タイムラプス」を選択、画面上部に表示されるタイムラプスの設定メニューから「撮影間隔」と「撮影時間」を設定し、シャッターボタンを押すと撮影が開始されます。

DJI製品には、タイムラプス撮影機能搭載のドローンやカメラが豊富にラインナップされています。

 

タイムラプス撮影ができるDJI製品は?

では、魔法の手順が使えるDJI製品の一部を紹介いたします。
 

DJI OM 4:16,500円

DJI OM 4
言わずと知れたスマホ向け最強スタビライザー、DJI OM 4。
「最安で始めたい!」や「Instagramに投稿したいから縦長画面で撮影したい!」が叶います。

 

DJI Pocket 2:49,500円


「小さいカメラがいい!」「ブレない滑らか動画を手軽に撮りたい!」って方にはコチラがオススメです。
街歩きや室内Vlogの作成にフィットしてくれます。

 

DJI Air 2S:119,900円


ドローンだって、もちろんタイムラプスが撮影できます。
「いま最新のドローンが欲しい!」「センサーサイズもこだわりたい!」という方にオススメです。撮影から編集までをドローン任せでお願いできちゃう新機能「マスターショット」も使えます。Mavic 2 Pro と同じセンサーサイズで、7万円近くリーズナブルに買えちゃうジェネリックドローンです。

 

DJI Mavic Air 2:105,600円


「1/2.3インチセンサー、4Kまでの撮影で十分」という方にはコチラ。非常にコスパに優れていておトクです。現行モデルとして必要十分なスペックを備えるバランスの取れたモデルで、はじめてのドローンにもおすすめです。

 

実際にやってみたい人はコチラ!

DJI認定ストア 東京虎ノ門/福岡博多では、上記ガジェットたちのデモ機を展示しております。自前のSDカードをお持ちいただければ、データのお持ち帰りも無料でご案内しておりますので、ぜひご検討ください!
各モデルの機能や購入のご相談は DJI認定ストア 東京虎ノ門/福岡博多までお気軽にお問い合わせください。

DJI認定ストア 東京虎ノ門 詳細

DJI認定ストア 福岡博多 詳細

ご来店お待ちしております。

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
Insta360アウトドアセール

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?