DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

もしドローンが壊れたら…?メンテナンスはどうすればいいの…?
これから空撮を始める方にとっては大きな不安の一つではないでしょうか。

実際、空を飛ぶ夢の機械だからこそ日々のメンテナンスはかかせません。
特にバッテリー等は愛情を持って接していないと急に冷たくなりますし……

そこで今回はDJI認定ストア店員の私が、工具要らずの簡単なメンテナンスや万が一の時に役立つ対処法、気になる修理費用についてお伝えしていこうと思います。

セキド製品Q&Aはコチラ!!

DJIカスタマーサポートはコチラ!!

 

 

もしもドローンが壊れたら?

突然異常動作をした時、焦りますよね。
しかしそんな時こそ落ち着いて冷静になりましょう、まだ壊れたと決まった訳ではありません。
というのも、ショップに持ち込まれる相談依頼の機体はその半分程度がアプリの項目を再設定する事で症状が改善します。

その上で、どのようなケースが多いのかを紹介していきます。

解決が期待できるケース

・送信機からのアラート音が鳴りやまない

送信機の電源を入れた瞬間ピーピーと音が鳴り続ける。
これは故障でもなんでもなく送信機を起動する際にスティックを傾けてしまったり、スティック根元にゴミが溜まっている事が原因の殆どです。

・アプリ画面が真っ暗で何も映らないんだけど

フライト画面に各設定項目は表示されるが、ドローンのカメラ映像だけは真っ暗という状態ですね。
非常に焦ってしまうと思いますが、私の経験だと大概カメラ詳細設定がおかしな事になっています。是非ISO感度とシャッタースピードを確認してみてください。

 

修理が必要なケース

・ジンバルが完全に傾いてしまいキャリブレーション(アプリによる修正)をしても直らない。

墜落時によく現れる症状です。
この場合は修理になる可能性が高いと思ってください。

・assistant2を使用したキャリブレーションを繰り返しても下方のビジョンセンサーが正常にならない。

何度キャリブレーションをしても症状が出てしまう場合は上記事項と同様、基本的に修理が必要となります。

 

 

どうにもならないパターンが発生したら?!

ご自身で「これはまずいかも…」と感じた場合にもいくつかの対処法があります。
まずは焦らず冷静になりましょう。

購入店に相談

やはり最も相談しやすいのは購入店のスタッフではないでしょうか。
先述したようにアプリ設定値の変更のみで改善する場合もありますので、まずは一度お気軽にご相談下さい。

さて、そこで問題になるのが、どちらの店舗で製品を購入したかです。
当店もそうですが、他店で購入したものについては基本的に有料で対応という店舗は多いんです。

通販は勿論ですが、正直大手家電量販店さんも当たり外れが大きいですね。
しっかりとした店員さんもいらっしゃいますが、中には修理相談を受けた段階で当店などを紹介する無責任な方もいらっしゃいます。
この辺りはやはり専門店との明確な違いになるかと思います。

 

ただし、あまり知られていませんが、基本的にはどちらの店舗でもその場で修理をする事はできません。

ご存知ない方も多いのですが、DJI製品は原則として埼玉県にある「DJI JAPANカスタマーサポート」でしか修理ができないんです。
たまーに、「うちでは修理できるよ!」という店舗・会社もあるようですが、場合によってはメーカーサポートが受けられなくなるなどのトラブルも考えられますので注意が必要となります。(1月31日更新)

DJI認定ストア東京虎ノ門店の詳細はコチラ!!

 

今すぐにでも知りたい方は?セキド公式サイトQ&A

フライトを翌日に控えた真夜中にトラブルが発生した場合は、是非弊社オンラインサイトのQ&Aをご覧ください。
担当スタッフが飛行現場や接客中に頂いた疑問点を文章として掲載させて頂いております。
実際にユーザーの方が直面したトラブルとその解決方法になりますので、非常に参考になりますよ。

セキド製品Q&Aはコチラ!!

 

DJIスタッフによるオンラインチャットサポート

近くにショップが無い、購入店が定休日という方はコチラがおすすめです。
DJI公式サイトは優秀でして、なんとリアルタイムのチャットサービスが存在します。

DJI公式ページ内の [サポート] から [オンラインサポート] を選択すると機体欄が表示されますのでお持ちの機体を選択して下さい。
DJIのオペレーターに直接質問を投げかけることが可能です。
受付可能時間は土・日・祝を除いた10:00-12:30、13:30-18:00となっています。

DJIオンラインサポートはコチラ!!

 

 

修理に出すときの方法は??

先述したようにDJIドローンを修理するには埼玉県のDJI JAPANカスタマーサポートに機体を郵送する必要があります。
結構ややこしそうなイメージを持たれる方が多いのですが、実はシンプルで簡単なんです。

DJI公式サイトの [サポート] から [修理について] を選択し、[オンライン修理受付] を開きます。
DJIアカウントの認証を求められるので、メールアドレスとパスワードを入力します。
ここから修理申し込みの画面が表示されます。

①修理したい機体を一覧から選択します。

②サービスタイプを修理、交換 (購入から15日以内の方限定) から決定します。
水没、送信機の異常など問題点を記入し、いつどこで買ったかを項目から選択します。
DJI Care Refreshの加入状態にチェックを入れてください。問題点については分かる範囲で結構です。
故障発生原因を製品問題、お客様起因から選択します。
自然故障ならば製品問題、水没などの場合はお客様起因になります。こちらも分かる範囲で問題ありません。

③発送物確認項目にて、[故障製品のみ] か [製品一式] かを選択します。
故障個所が曖昧な場合は製品一式の発送をオススメします。

④発送先住所 (DJI JAPANカスタマーサポート) の確認し、返送先住所 (会社様やお客様のご住所) をご入力ください。

⑤全項目の確認画面ですので、記載漏れがないかなど今一度ご確認頂き、オンライン修理受付サービス利用規約に同意の上メーカーに情報を提出してください。

⑥Cから始まるケース番号とバーコードが発行されますのでそちらをプリントアウトして頂き、修理商品と共に梱包、着払いにて (DJI JAPANカスタマーサポート)に発送してください。

以上で修理申し込みの手順は終了となります、意外に簡単ではないでしょうか?

DJIオンライン修理受付はコチラ!!

 

 

DJI製品のパーツ代と点検費用、実は公開されています!

DJI公式サイトの [サポート] から [修理サービス] を選択し、[修理パーツ価格検索] を開きます。

検索画面で価格タイプをJPYに変更し、機体項目からご希望の機体を選択して下さい。
自動的にパーツリストと価格表が表示されます。

また修理料金にはパーツ代の他に点検費用というものが加算されます
点検費用は機体によって異なりますが、代表的なコンシューマー機のMavic 2シリーズ一式の場合は17,600円、産業機のMatrice 210RTK V2.0 は52,800円となっています。

点検費用一覧はコチラ!!

修理パーツ価格検索はコチラ!!

 

 

今回のまとめ

家電量販店などは購入時にポイントが付くケースが多いですので一見お得に思えますが、機材を長く使っていく事を考えるとやはりサポートの手厚いDJI認定ストアでの購入がオススメです。

簡単なお問い合わせ程度であれば無料で対応できることも多いですし、DJI認定ストア東京虎ノ門店やセキドオンラインストア、セキド横浜ベイサイド店で購入して頂いた機材であれば修理受付を一部代行することも可能です。
他店で購入した機体についても、3980円ほどの料金でご相談をお受け致します。

また、DJI認定ストア東京虎ノ門及びセキド横浜ベイサイド店ではポイントカードサービスも実施しております。
お得に機材を購入出来ますので是非ご利用ください。

【再入荷】PHANTOM4 PRO V2.0シリーズ MAVIC MINI | 自由を手に、飛び立とう オリジナルポーチ【お買い物特典】 下取りサービス(ドローン) MAVIC 2 PRO |折りたたみ式 超高画質 MAVIC Air | 3軸ジンバル 32MPパノラマ クラウドファンディング【PGYTECH OneMo BackPack】 レンズが選べるアクションカメラ Insta360 ONE R Insta360 ONE X 特別クーポン OSMO シリーズ | 滑らかでブレ知らずの撮影 RONIN シリーズ | 一眼レフを搭載可能なスタビライザー キャッシュレス・消費者還元事業
Insta360 GO
SEABOW | SUBLUE ハイエンド水中スクーター
無料会員登録
メルマガ登録メルマガ登録
開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ