DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは、DJI認定ストア 虎ノ門の吉田です。

今回は、弊社スタッフが四国山地西部にある標高1,982 mの「石鎚山」に登った際に撮影した映像を合わせて、最新のアクションカメラ「OSMO ACTION」を使った撮影にぴったりなアクセサリーをご紹介します!

DJI Osmo Action 詳細

 

登山撮影におすすめの
アクションカメラアクセサリーとは

今回の登山撮影では、 Osmo Action 本体に加えて、下記のようにクリップマウントとL型ブラケットを組み合わせて、バックパックのショルダーストラップに装着して使用しました!

 

クリップマウントを使ったストラップへの取り付け

バックパックにクリップで取り付けることで、ストラップ類を追加すること無く両手が自由な状態で撮影ができるので、今回のような登山やハイキングはもちろん、観光旅行や展示会、イベント会場での記録撮影などにぴったりの組み合わせです。

PGYTECH アクションカメラ用
アクションカメラ L型ブラケット+ 詳細

PGYTECH アクションカメラ用
メタルクリップマウント 詳細

 

更に安心して撮影するための保護アクセサリー

今回の撮影時には間に合いませんでしたが、実際に撮影を終えたスタッフが

「これ、あったら良かったよ! 何度傷つけたか気になったか。」

としきりに薦めたのが、今回のようなアウトドアシーンでは欠かせない、ガラスフィルムとレンズフードでした。

液晶やレンズカバーへの傷や、直射日光によるフレアやゴーストを気にすること無くアクティビティに集中しながら、より良い映像を残すためにぜひおすすめです!

PGYTECH OSMO ACTION用 ガラスフィルム 詳細

 

PGYTECH OSMO ACTION用 レンズフード 詳細

 

 

実際に撮影した映像は

それでは、上でご紹介したアクセサリーを組み合わせて撮影した動画をご紹介します。

天狗岳

山岳信仰(修験道)の山として知られ、日本百名山、日本百景、日本七霊山のひとつとされる石鎚山の天狗岳(標高1,982m)登頂時に撮影した動画がこちらです。

ブレ補正機能「RockSteady」を使っているので、バックパックのストラップに固定している割には安定した映像が撮れています。

さすがに両手を使って岩場を登る場面では、ブレが大きくなりますが、それでも両手両足を使った登山でも安心して撮影できるのは嬉しいですね。

DJI Osmo Action 詳細

PGYTECH アクションカメラ用
メタルクリップマウント 詳細

PGYTECH アクションカメラ用
アクションカメラ L型ブラケット+ 詳細

 

今回は、クリップマウントとブラケットを組み合わせて体に固定した撮影をご紹介しましたが、Osmo Action には他にも様々なアクセサリーが用意されていますので、みなさんもぜひ目的にあったアクセサリーを見つけて、Osmo Action での撮影をもっと楽しんでください。
今後も用途やシーンに応じたアクセサリーの組み合わせをご紹介していきますので、ご期待ください。

Osmo Action 対応アクセサリー一覧

【再入荷】PHANTOM4 PRO V2.0シリーズ MAVIC MINI | 自由を手に、飛び立とう オリジナルポーチ【お買い物特典】 下取りサービス(ドローン) MAVIC 2 PRO |折りたたみ式 超高画質 MAVIC Air | 3軸ジンバル 32MPパノラマ クラウドファンディング【PGYTECH OneMo BackPack】 レンズが選べるアクションカメラ Insta360 ONE R Insta360 ONE X 特別クーポン OSMO シリーズ | 滑らかでブレ知らずの撮影 RONIN シリーズ | 一眼レフを搭載可能なスタビライザー キャッシュレス・消費者還元事業
Insta360 GO
SEABOW | SUBLUE ハイエンド水中スクーター
無料会員登録
メルマガ登録メルマガ登録
開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ