DJI ドローン|PGY SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

農業でのドローン活用

年々進化し続けている農業用ドローンによる労働力不足解消のため、ドローン導入を検討中の方も多いと思います。現在、ドローンが農業分野において、どのような使われ方をしているのかを検証したいと思います。

1.農薬散布

農作物の健康と収穫を維持するため、農業従事者は複数の植物防疫策と施肥法を運用しています。何十年もの間、農業従事者は時間と労力をかけて手作業で農薬を散布するか、広い農地や田畑の場合は、農薬散布のために有人ヘリコプターを使う必要がありました。手作業では時間も労力もかかり、有人ヘリコプターを使うとコストが非常にかかるため、どちらの方法も農業従事者にとって理想的なやり方ではありません。 しかし、DJIのAgras MG-1を使うと、農作物や植物の施肥を効率化できます。機体は10kgの液体を運搬でき、1回の飛行で1ヘクタールの農地・田畑に農薬を散布できます。 本機には、産業用機械のスタンダードであるセラミックノズルがあらかじめ組み込まれています。ノズルは、散布方法に応じて交換可能。機体は、ほこりや腐食を防ぐように設計されており、散布作業が終わったら機体を洗浄できます。本機を使えば、散布エリアを最大限に拡大でき、作業負担は大幅に削減できます。

また、次世代の農業用ドローンではPhantom4RTKを利用した自動飛行で撮影、農場、果樹園などの3Dマップを作成。
そのデータを次世代農業ドローンに取り込み、3Dマップを利用した散布経路(高さの認識や散布対象が無い場所での自動農薬散布停止、再開機能)の作成、自動飛行が可能となり、ドローン同士の連携による正確な農薬散布も可能となる未来図があります。
 

ソリューションに役立つ商品

DJI MG-1S Advcaned

 

Phantom 4 RTK ネットワークRTK スターターセット

 

 

このページの先頭へ