DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

農業でのドローン活用

年々進化し続けている農業用ドローンによる労働力不足解消や労働生産性向上のため、ドローンの導入を検討されている農家の方も多いと思います。

このページでは、現在ドローンが農業分野においてどのような使われ方をしているのかを、ご紹介したいと思います。

 

 

農業が抱える課題と問題点

農業におけるドローン活用のメリットを確認するため、まずは現在日本の農業が抱える課題と問題点についてご紹介します。

・農業従事者の減少と高齢化

海外から輸入される農作物との価格競争による収益性の悪化や、自然に対応するための長時間労働などによって、既存の農業に従事する若者は減少し、高齢化が進んでいます。

・技術継承や後継者育成の難しさ

自然環境の変化により、同じ農地で同じ農作物を作る場合でも決まった方法がなく、生産のノウハウが可視化・データ化されにくいため、技術継承や後継者育成が困難な環境があります。

とくに、中規模・小規模農家では、従事者の減少と合わせて技術継承が困難になっています。

 

 

農業におけるドローンの活用事例

農業分野でのドローン活用の事例について、コストや生産性と合わせてご紹介します。

 

1. 農薬散布

農作物の健康と収穫を維持するため、農業従事者は複数の植物防疫策と施肥法を運用しています。

これまで何十年もの間、農業従事者は時間と労力を掛けて手作業で農薬を散布するか、広い農地や田畑の場合は、有人・無人ヘリコプターによる農薬散布を使う必要がありました。

手作業による農薬散布は重労働で時間が掛かること、ヘリコプターを使う場合は高額なコストと外注によるスケジュール調整の難しさが課題でした。

 

しかし、薬剤散布専用ドローン「DJI AGRAS MG-1」を使用すると、農作物や植物への農薬散布・施肥を効率的に実施できます。

機体には10kgの液体を搭載でき、1回の飛行で1ヘクタール(ha)の農地・田畑に農薬を散布できます。

MG-1 には、産業用機械のスタンダードである「セラミックノズル」があらかじめ組み込まれており、ノズルは散布方法に応じて交換可能です。また、ほこりや腐食を防ぐように設計されており、散布作業が終わったら機体の洗浄が可能です。

 

実際に散布を行うためには、

1. 農業ドローン講習の受講、オペレーター免許(技術認定証)取得
2. 農業用ドローン Agras MG-1 の購入、機体の登録
3. 散布にかかわる各種申請(航空法に係る飛行申請、農薬散布計画の提出)
4. 散布実績の報告
5. 整備点検所にて機体の定期点検

が必要ですが、ヘリコプターでの散布を外注した場合に比較してランニングコストが削減でき、自身で散布するためスケジュール調整の必要がありません。

    MG-1 を使用することで散布エリアを最大限に拡大でき、コスト削減による収益性の改善と、大幅な作業負担の削減が可能です。

     

    ソリューションに役立つ商品

    DJI MG-1S Advcaned 詳細

     

     

    DJI Phantom 4 RTK ネットワークRTK
    スターターセット 詳細

     

     

    2. スマート農業(精密農業)

    スマート農業とは、ドローンやロボットなどの先端技術、ICT(情報通信技術)を使用することで、従来に農業に対して省力化や精密化、生産性向上などを推進する新しい農業のことです。

    スマート農業の導入を進めることで、農作業を労力を軽減して農業従事者の高齢化に対応したり、新たな技術に対応するための新規従事者の確保や、精密化により生産技術の継承が期待されています。

    スマート農業におけるドローンの役割は、高精度な空撮写真を活用した圃場の分析や、複数の光の波長を捉えるマルチスペクトルカメラにより農作物の育成状況を把握することなどがあります。

     

    ソリューションに役立つ商品

    DJI M200/210 V2シリーズ 詳細

     

     

    農業における今後のドローン活用について

    最後に、今後期待される農業分野でのドローン活用についてご紹介いたします。

    次世代農業用ドローンでは、測量専用ドローン DJI Phantom 4 RTK で自動撮影した画像を基に作成した、農場・果樹園などの3Dマップデータを取り込み、3Dマップを利用した散布経路(高さの認識や散布対象が無い場所での自動農薬散布停止、再開機能)の作成、自動飛行が可能となり、複数のドローン同士の連携による大規模で正確な農薬・肥料の散布が可能となる未来図があります。

    また、先に紹介したドローンによる精密農業と薬剤散布を組み合わせることによって、農薬の使用範囲を限定したり、効果的な肥料の散布を行うなど、付加価値の高い農作物の効率的な栽培などに繋がる可能性があります。

    様々な産業で活用が進むドローンですが、農業分野における活用は農薬散布を主に限定的な状況で、今後の技術革新や法制度の改正によって今まで以上に大きな効果が期待できます。

     

    農業分野へのドローン導入をご検討される方は、下記の問い合わせフォームまたはお電話にてお気軽にご相談ください。

    ドローン導入相談 問い合わせフォーム

    セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口
    03-5843-7836

     

     

    WINTER HOLIDAY SALE! MAVIC MINI | 自由を手に、飛び立とう MAVIC 2 PRO | 超高画質ポータブルドローン OSMO シリーズ RONIN シリーズ | 一眼レフを搭載してブレのない動画撮影を始めよう! ギフトラッピングバッグ【お買い物特典】 ドローン下取りサービス キャッシュレス・消費者還元事業
    Insta360 GO
    Insta360  ONE X
    SEABOW | SUBLUE ハイエンド水中スクーター
    無料会員登録
    メルマガ登録メルマガ登録
    人気につき品薄!
    次回入荷分を数量限定にて予約受付中!

    開始まであと

    2

    【事前告知】
    11/22よりキャンペーン開始予定!

    取扱メーカー

    HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
    CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

    このページの先頭へ