DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。DJI CAMPインストラクターの池田です。

今回は新発売のジンバル、DJI RS 3 シリーズ の使い方についての説明です。カメラ向けジンバルを使い始めるときには必ず必要な「バランス調整」の方法について説明いたします。RS 3 で初めてジンバルを触るという方にも、できるだけ分かりやすくお伝えできればと思います。

他のジンバルのバランス調整については別の記事で動画にて解説しています。以下のリンクからFAQをご覧ください。

FAQ:DJI RS 2 バランス調整の方法

 

DJI RS 3 シリーズって、どんなジンバル??

DJI RS 3

2022年6月24日に発売された、DJI製のジンバルです。

単品は税込72,600円、アクセサリーがセットになったコンボは87,120円です。ペイロードは3㎏ですので、一眼レフユーザーを始めとするほとんどのニーズをカバーすることができると思います。

DJI RS 3 Pro

同じく2022年6月24日に発売された、DJI製のジンバルです。

単品は税込108,900円、アクセサリーがセットになったコンボは135,520円です。4.5㎏という大きなペイロードを抱えられるのでBMPCC 6K Proなどのヘビー級カメラにも余裕をもって対応できるほか、LiDARレンジファインダーや映像トランスミッターにも対応している拡張性の高さが特長です。

別の記事でも紹介予定ですが、カーボン素材を採用し、「世界で一番美しいジンバル(※個人の感想です)」であるDJI RS 2の後継機らしい、性能面だけでなく所有欲も満たしてくれる1台となっています。

※DJI RS 3/RS 3 Pro は、2022年10月1日に価格改定を致しました。

 

バランス調整が必要な理由って?

繰り返しになりますが、ジンバルを使う前にはカメラのバランス調整が必要です。バランス調整を行うことで、ジンバルのパフォーマンスを最大まで引き出せるほか、無駄な電力消費を抑えてバッテリー駆動時間をのばしたり、モーターの寿命を延ばすことができます。

逆に言うと、バランス調整が不充分な場合はモーターの寿命やバッテリー駆動時間が短くなってしまったり、ちょっとした動きでカメラがバランスを崩して満足な撮影ができなかったりしますので、撮影前には必ず行ってください。

一度バランス調整をすると、同じカメラとレンズのセットの場合は再調整は不要ですが、機材の組み合わせが変わる場合にはその都度調整が必要となります。ぜひこのコンテンツでバランス調整をマスターし、ジンバルを使いこなしてください。

 

バランス調整の手順を教えて!

では、ここからはいよいよバランス調整の手順を動画と写真付きで細かく説明していきます。メーカーであるDJIも動画を出しており、大変分かりやすい映像なのですが、英語での解説のためやや親しみにくさを感じます。日本語版が待ち遠しいですね。

というわけで、セキドのスペシャルコンテンツはゆるふわ販売員が日本語で解説していきます。設定にかかる時間は、1~6までで10分以内が目安です。ちなみに私、池田が RS 3 でタイムアタックをした結果は2分11秒でした。RONINジンバルバランス調整タイムアタック勝負、みなさんの挑戦をお待ちしております。(笑)

なお、最終目標は以下の動画のように、ジンバルを傾けてもカメラが大きく姿勢を崩さないように調整することです。レンズの向きが水平・真上を保つことができ、ジンバルを横に傾けたときにカメラが正面を向き続けることができる、ということがポイントになります。

 

1. カメラの取り付け

まずはカメラを取り付けます。このとき、SDカードやマイク、外付けディスプレイ、補助機材などのアクセサリー類もすべて取り付けてください。

カメラ底面の1/4inchねじ穴を利用し、クイックリリースプレートを取り付けます。締め込みが甘いとカメラがずれたり、最悪の場合は落下する可能性があります。安全に使うためにも、手で充分ですがトルク強めに締め付けてください。

 

2. カメラの固定

クイックリリースプレートを付けたら、カメラを RS 3/RS 3 Pro に載せます。クイックリリースプレートを固定するためのレバーがついていますので、ここもしっかり押し込んで、がっちり固定してください。

 

3. ジンバルロック解除

電源を入れる前に、モーターのロックを解除します。RS 3/RS 3 Pro には3つのモーターがあり、それぞれチルト軸、ロール軸、パン軸を支えています。以下の写真はモーターがロックされた状態です。

 

バランス調整の際には、3ヶ所の軸ロックを外します。シルバー色のロックつまみを矢印側に引くと、ロックが外れますので3ヶ所とも外してください。まだジンバルの電源を入れる必要はありません。

 

この段階ではまだカメラが姿勢を保持できず、変な方向を向いているかと思いますが、これから調整していきますので問題ありません。以下の動画では、チルト軸→ロール軸→パン軸の順でロックを解除しています。

 

4. チルト軸のバランス調整

3ヶ所の軸ロックを外したら、まずは垂直(上下)方向であるチルト軸のバランス調整です。カメラのレンズを水平・真上に向けたときに、それぞれ支えがなくても姿勢を保持できるようにカメラの位置をプレートで調整します。カメラを前後と上下に動かし、それぞれの中央ポイントを探るイメージです。動画ではカメラを載せるところからスタートしていますが、軸ロック解除の際に載せたままで問題ありません。水平→真上の順に調整しています。カメラに添えてる手をパッと離した瞬間に、カメラが大きく動かずそのままの位置で保たれているのがわかると思います。

調整が難しい場合は、ロール軸・パン軸の軸ロックを固定しても構いません。

 

5. ロール軸のバランス調整

次は回転のロール軸の調整です。カメラのレンズを正面に向け、カメラの左右のバランスをとっていきます。アームごとカメラを左右に動かし、回転しなくなるポイントを探るイメージです。なお、Blackmagicなどのシネマカメラや、超望遠レンズなどヘビー級の機材を使う場合は、カメラが重すぎるためにジンバルだけでは左右の均衡がとれず、うまくいかないことがあります。その際には後述のカウンターウェイトを使って左右のバランスをうまく調整してください。

調整が難しい場合は、チルト軸・パン軸の軸ロックを固定しても構いません。

 

6. パン軸のバランス調整

最後は水平(左右)方向であるパン軸の調整です。カメラを正面に向け、グリップを両手で持ち、RS 3/RS 3 Pro を左右いずれかに傾けます。ここは慣れていないと不安になる部分ですが、最後の難関なので焦らずにやりましょう。動画では片手で傾ける場面もありますが、慣れるまでは両手でしっかり持ちゆっくり傾けて下さい。その際、カメラが回転しないようにカメラの前後位置をアームで調整します。動画の左上にパンが並んでいますが、そのパンでななく「パンフォーカス」などで使われるパンです。ちなみに動画業界用語ではカメラを左右に振ることを「パンして」などと言います。

調整が難しい場合は、チルト軸・ロール軸の軸ロックを固定しても構いません。

 

7. 電源を入れてバランスステータスの確認

ここまで手の感覚とだいたいの見た目で調整してきましたが、最後にバランス調整の結果を評価すべく「バランスステータス」を確認します。RS 3/RS 3 Pro の電源を入れましょう。

電源が入ったらMボタンとトリガーボタンを同時に3秒以上長押しし、オートチューンをかけます。

 

オートチューンが終了したら、画面右上のカメラのボタンをタップしてください。

 

どのくらい力がかかっているかを示すバーが表示されます。バランス調整の結果が問題なければ、緑色です。黄色や赤色の時はその軸を再調整をしてください。慣れるとどの軸も一発で緑色を出せるようになります。

 

こんな時はどうするの?

チルトアップ時にアイカップが干渉する場合

カメラの背が高い場合、チルトアップした時にアイカップなどがロール軸アームに干渉することがあります。そんな時は、カメラのチルト軸調整の時に工夫することで解決できます。

先述の内容ではカメラのレンズを水平・真上(チルト+90°)にてバランス調整していますが、干渉により+90°までチルトアップできない場合は、水平・斜め上(チルト+45°)でカメラが姿勢保持できるように調整してください。

 

カメラが重すぎてロール軸の調整が難しい場合

Blackmagicなどのシネマカメラや、超望遠レンズなどを使った場合、撮影機材重量が大きいためにロール軸の調整がうまくいかないことがあります。
そんな時はカウンターウェイトという「おもり」をカメラと反対側に付けることで釣り合いを取ります。税込8,030円にて販売しておりますので、お困りの方は試してみてください。

DJI R ロール軸カウンターウェイトセット

 

ジンバルの導入相談はコチラまで

DJI認定ストア東京虎ノ門では、 DJI RS 3/RS 3 Pro の展示を開始しております。お手持ちのカメラを載せてお試し頂くこともできますので、ぜひご相談ください。みなさんのご来店お待ちしております!

DJI認定ストア 東京虎ノ門

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?