DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。DJIインストラクターの池田です。
先日仕事終わりに銀座三越に足を運んだところ、猫の絵が描かれた缶入りチョコレートがあったので自分用に買いました。最近は毎朝1粒ずつそれを食べることを[ログインボーナス]と呼んでいます。


さて、今回は下記のような方を対象に「ドローンの選び方のポイント」をお伝えしたいと思います。

・建物修繕を生業とするリフォーム業者さん
・自宅の屋根などをドローンで見てみたい方

なお、今回の記事で使っているドローンは 重量199gで有名な DJI Mini 2 です。DJI Mini 2 をお持ちの方にも面白く読んで頂ける記事かなと思いますので、ぜひ目を通してみてください。

DJI Mini 2 のスペック確認はコチラ
DJI Mini 2 詳細

 

DJI Mini 2 で屋根を撮影してみた

さっそくですが、撮影した成果物をご覧ください。日本某所の一軒家を DJI Mini 2 を使って撮影してみました。
 

動画編

まずは動画です。DJI Mini 2 の持つデジタルズーム機能と、DJIインストラクター試験に向けて磨いた繊細なスティックワークを駆使して、できるだけゆっくりフライトさせ、見やすい動画になるように気を付けてみました。


実際にやってみて思いましたが、[Nモード]ではドローンの動きが速すぎて映像がブレるため、[Cモード(トライポッドモ―ド)]などゆっくりと機体を動かせるフライトモードが準備されたドローンが必要です。また、映像のブレを少しでも抑えるためジンバルの搭載も必須ですね。「真下に向けて撮影できる」「角度が自由に変えられる」というのは点検用ドローンとして必要不可欠な装備であると感じました。
 

写真編

お客様にデータを納品するときは、写真が必要なこともありますよね。弊社のお客様の中には、「顧客にデータを渡すときはSDカードごとお渡ししている」と話されている方もいらっしゃいましたので、予備のSDカードもあると安心です。
DJI Mini 2 は 1200万画素で写真を撮ることができます。数カット撮影してみましたので、コチラもあわせてご覧ください。いわゆる「近代的な家」を撮影しているので「あ!ここの瓦が割れてる!」みたいなことはありませんが、イメージとしてご確認ください。撮影高度はいずれも25m未満です。
 
真上からざっくりとアタリを付けます。


 
やや斜めからも撮影してみました。


 
もう少し近づいてみます。障害物センサーのついているモデルの場合、必要に応じてセンサーのON/OFFを切り替えるとよいですね。

 

DJI Mavic シリーズを選ぶメリットとは?

それでは続いて、ドローンで屋根点検をする際に DJI の空撮用ドローン Mavic シリーズをおすすめするポイントを確認してみましょう!

1. 飛行安定性が高い

DJI Mavic 3 をはじめとした DJI製ドローンには、「ビジョン・ポジショニング・システム(VPS)」と呼ばれるカメラを使ったセンサーがついています。

写真中央の2箇所が VPSのセンサー(カメラ)です

これにより、機体は常に真下の地面の模様を監視しており、そこから動かないように自動でホバリングを行います。屋外ですと GPSアンテナにより自分自身の位置を把握するため、さらにホバリング精度が向上します。建物点検を行う際は、安全のため機体が安定するのは必要不可欠な条件ですよね。DJIの機体なら大丈夫です。
 

2. ズーム機能が付いている

フラックシップ機の DJI Mavic 3 なら、ここまでのズームが可能です。


なお、DJI Mini 2 および DJI Air 2S でズーム可能なのは、動画モードのみです。写真ではズームができませんのでご注意ください。写真でズームができるのは2022年3月現在 DJI Mavic 3 のみですので、写真で確認したいという方は Mavic 3 をご検討ください。
 

3. 安定した映像が撮影できる

屋外では風が吹いているため、ドローンは常に揺れています。ドローン本体が揺れると当然カメラも揺れますが、ブレている映像では使い物になりませんよね。それを防ぐために DJI のドローンには「ジンバル」が搭載されています。ジンバルはカメラとドローン本体を繋いでいるモーター入りのパーツで、「機体が傾いてもカメラは水平を保つ」というスゴい機能を持っています。


 

4. 折りたたみ式で持ち運びも便利

左からA4コピー用紙、畳んだ DJI Mavic 3、展開した DJI Mavic 3 です。


折りたたみ式のドローンはとにかく携帯性がよく、現場までの持ち運びもラクラクです。展開するだけで使えるので、難しい操作は一切不要です。

 

DJI Mavicシリーズを購入するなら

いかがでしたでしょうか。まだまだお伝えしたい DJIドローンの魅力があるのですが、文字数の関係上、今回は控えめに留めておきました。続きはストアにて熱弁いたします。DJI認定ストア 東京虎ノ門/福岡博多 では、 今回紹介した DJI Mini 2 や DJI Mavic 3 をはじめとしたドローンを広く取り扱っております。まずはお電話やメールフォームよりお気軽にご相談ください。
ご来店お待ちしております!

DJI認定ストア 東京虎ノ門 詳細

DJI認定ストア 福岡博多 詳細

 
また、セキドではさまざまな用途で活用されているドローンについて、導入をご検討中の方や情報収集されている方に向けて、無料の実演会やオンラインセミナーを開催していますので、ご希望の内容に合わせてぜひお気軽にご参加ください。

無料セミナー

無料WEBセミナー・体験会 一覧

 

記事で紹介したドローンの購入はコチラ!DJI RC Pro手軽に始めるなら 59,400円~の DJI Mini 2DJI MINI 2 詳細

DJI RC Pro画質/機能と価格のバランスなら DJI Air 2SDJI Air 2S 詳細

DJI RC Proズーム写真で詳細を確認するなら DJI Mavic 3DJI Mavic 3 詳細

DJI ドローン 一覧

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?