DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。DJI認定ストア 東京虎ノ門の深澤です。
本日11月5日に、Mavic Mini の後継機 DJI Mini 2 が発表され、先行予約が始まりましたね!

今回は発表直後の DJI Mini 2 について、まずはいろいろと気になる部分に迫っていきたいと思います。

DJI Mini 2_01

 

DJI Mini 2 ってどんなモデルなの?

約1年前に発売された改正航空法の対象外となる初代 199gドローンの Mavic Mini の後継機として発表された DJI Mini 2。すでにご覧になった方も多いと思いますが、メーカーによる紹介動画がコチラ。

進化の速いDJI製品ですので当然ですが、サイズや重量 199gをキープしつついろんなところがマルっと1年分進化しています。

DJI Mini 2 の大きく変わったところはコチラ。
 ・4K動画撮影に対応
 ・最大4倍のデジタルズーム(4K: 2倍、2.7K: 3倍、FHD: 4倍)
 ・耐風性能アップ 最大風圧抵抗 8.5-10.5 m/s(スケール 5)
 ・映像伝送システム&送信機が刷新
 ・最大速度アップ 16 m/s(約 57km/h)
 ・最大飛行時間:18分(Mavic Mini と同じ)
 ・価格は約30%アップ
  (単体:46,200 → 59,400円/Fly More コンボ:59,400 → 79,200円 ※すべて税込)

DJI MINI 2_内部_s

 

Mavic Mini との違いは?

それでは、わかりやすく変わったポイントから DJI Mini 2 と Mavic Mini の違いを紹介いたします。
 

1. フロントLEDライト搭載

カメラ上部のボディ前端に、7色にピカッっと輝くLEDライトが搭載されました。
ライトの追加はカスタムの基本、カッコいいですね!さらに、他の人と飛ばす時にライト色を変えれば誰の Mini 2 かすぐに分かるという実用的なおまけ付き。

担当の独断による追加費用は 2,500円です。

DJI Mini 2_LED3左上から、イエロー・オレンジ・ホワイト・ライトグリーン・グリーン・パープル・ライトブルーの7色に設定可能。
 

2. 進化したカメラ性能

Mavic Mini では最高 2.7K 30fps対応だった動画撮影が、4K 30fpsに対応しました。
単純比較はできませんが、解像度だけを見ると 兄貴分の Mavic Air 2 や プロ用とも言える Mavic 2 Pro と一緒。ごいすー。

実際に撮影した映像は追って公開する記事で比較しますが、こちらの追加費用は 8,000円(あくまで担当の独断)。

DJI Mini 2_カメラ比較_s

カメラについては動画解像度だけでなく、ズーム機能も進化しています。
そもそも Mavic Mini にはズーム機能は搭載されていません。それがデジタルズームとはいえ最大4倍に対応しました。
まあ、そこはデジタルズームですので、コチラは追加費用は少し安めの 2,000円です(あくまで独断)。

それでは 2,000円の追加費用で搭載されたデジタルズームの実力を、動画で確認してみましょう。

どうです。はっきり言って、安く見積もり過ぎたことを後悔しています。が、デジタルなので追加費用は変えません。
 

3. 新たな映像伝送方式&送信機

機体と送信機の間で、操縦や撮影した映像の通信に使われる映像伝送システムが、Mavic Mini の「Wi-Fi」を基にしたものから、これまた上位モデルと同じ「OcuSync(オキュシンク) 2.0」に進化しました。
詳細は改めて紹介いたしますが、Phantom 4 Pro V2.0 や Mavic 2、Mavic Air 2 と同じ Ocusync 2.0 に対応することで、電波干渉に強くなり最大伝送距離も 6kmと Mavic Mini の3倍に伸びています

Ocusync 2.0 への対応に合わせて、送信機が Mavic Air 2 と同じ最新版に変更されているのも大きなポイントで、バッテリー容量は Mavic Mini の2倍、5,200mAhにアップしています。

より安定して、より長く楽しめる伝送システム&送信機の追加費用は 11,000円(独断)。

DJI Mini 2_送信機03_s
 

4. 最大飛行時間と軽量化

最大飛行時間は Mavic Mini から変わらず 18分で据え置き。カメラ性能がアップしたり、今回は紹介できませんが耐風性能が向上している分、重くなっているはずなのに同じだけ飛べます。

さらに「ミニ」として絶対に負けられない 199gの戦い に対して、捨て身とも言えるバッテリーの減量で挑んでいます(45mAh・0.1g減)。

性能がアップして、バッテリー容量が減って、飛行時間が変わらない。これに関して、追加費用の算出は独断とはいえ不可能です。どういうことなのかまだよく理解できていません。

 

で、DJI Mini 2 は買いなのか?

ということで、発表直後の DJI Mini 2 の特徴をわかりやすい部分だけを紹介してきました。

もちろんどんなに性能が良くなったとしても「3割も値上げしてたら当たり前じゃないか!」と思われるでしょうが、私が独断で集計した性能アップの追加費用は合計 23,500円(+見積り不可)となります。
Mavic Mini と共通のプロペラガードが無くなり、携帯に便利なプロペラホルダーが追加された Fly More コンボ は約 20,000円の値上がりですから、少なく見積もっても差し引き 5,000円の値下げです。

DJI RS 2・RSC 2、DJI Pocket 2 に続いて、今回も実質値下げと言える大幅な進化を遂げた DJI Mini 2 ですから、やはり買うしかないでしょう。
さらにお買い得なセキドオリジナルセットも予約受付中、こんな素晴らしい製品でドローンをはじめられるなんて、本当にいい時代になりました。

先行予約はこちらから受け付けております。DJI Mini 2 セットバナー
DJI Mini 2 商品一覧

 

実際の製品はどこで見れるの?

すでに先行予約をスタートしており発売予定は11月12日(木)の DJI Mini 2ですが、DJI認定ストア 東京虎ノ門では展示機を用意して皆さまのご来店をお待ちしております。
「実質値下げなんて信じられない!」という方や「素晴らしい小さなドローンで空撮をはじめたい!」という方、ぜひ実物でご確認ください。

DJI認定ストア東京虎ノ門 詳細

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
新商品や役立つコンテンツ、キャンペーン情報が届く!メルマガ登録

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?