DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

DJI認定ストア 東京虎ノ門店の吉田です。
突然ですけど、皆さんドローンの持ち運びってどうしてますか?

おそらく Mavic Air 2 や Mavic Mini をお使いの方は Fly More Combo に付属しているソフトキャリングケース(以下ソフトケースとします)を使用されているかと思います。

実際軽くて便利ですし、バッテリーなどの収納力も抜群ですから人気なのも納得です。
機種によっては、Fly More Combo 付属の物以外にもバリエーション豊かなケースが用意されています。

また、ソフトケースとは真逆の設計思想ながらも、根強い人気を持つのがハードキャリングケース(以下ハードケースとします)です。
最近 Mavic Air 2 タイプも販売されましたので、主要なDJIドローン全てでハードケースが使用可能になりました。
 

今回の「スタッフが使ってみました!」では、この2つのメリットや特徴をご紹介し、皆さんのケース選びをお手伝いしたいと思います。

DJI & PGYTECH ドローンバッグ・ケース一覧はコチラ!

 

 

どっちが最強なの⁈
ソフトケース VS ハードケース!!

ソフトケースかハードケースか、ジムとザクはどっちがいいか、ジョンレノンとポールマッカートニーはどちらが我儘だったのか。
これらは永遠のテーマですよね。

正直単純に優劣が決められる問題でもありませんので、ご紹介するメリットを参考にしてご自身にあったものを選んでいただければと思います。

 

ソフトキャリングケースのメリット&デメリット

圧倒的なコスパ!!

兎にも角にも安いのがソフトケースの利点です。
DJIドローンのセット品では定番の Fly More Combo にも同梱されていますので、初めて使ったドローンケースはソフトケースだったという方も多いのではないでしょうか。

ちなみに単品の価格ですが、最も安い Mavic Mini タイプのものだと3,500円程度で買えちゃいます。
弊社の鹿内さんもその低価格っぷりには「ええっ?!」となっていました。

 

海でも山でも問題なし⁈ 安心の小型軽量性!!

もうね、ソフトケースって軽いんですよ。
しかも小さいのでリュックにも入れられますし、旅行に持っていくのにも向いています。

私は旅行でドローンを使う時はバッテリーはそんなに入らないものの、軽くて小さいケースを使っています。
PGYTECH の Mavic Mini 用ケースなんて機体+送信機+予備バッテリー2個入って380gとかですからね、ほぼ空気ですよ。

 

耐久性には少し不安が残る?!

普通に使う分には問題ありませんが、例えば飛行場所までの道中でソフトケースを、アスファルトの路面に落としてしまった場合ドローンが破損してしまう可能性があります。
また、旅行鞄や他の機材と一緒に車で運ぶ場合も破損に注意が必要です。

趣味の空撮であれば「 ああ~修理に出さないとな~ 」で済みますが、業務飛行の場合そうはいきません。
まずクライアントへの連絡、修理の手配、代替え機の用意など、ドローン故障時の対応は非常に多岐に渡ります。

 

 

ハードキャリングケースのメリット&デメリット

落としても割と平気?これぞハードな頑丈さ!!

弊社で販売している PGYTECH ハードキャリングケースは、外装が耐衝撃性エンジニアリングプラスチック製、内部は高密度スポンジで収納場所ごとに間仕切りが仕込まれており、名前の通り非常に頑丈な作りとなっています。

ただ商品ページを見ても、どこまで頑丈なのかイマイチ実感が湧きづらいと思います。
ですので、実際に色々試してみました。

結果としては以下の事実が判明しましたので、ご覧ください。

・推定体重50㎏の当店スタッフが上に乗っても問題なし
・深さ80㎝の水槽に3分沈めても浸水なし
・コンクリートの上に落下させても、内部のドローンにダメージなし

正直「は??」といった感じです。
ここまで頑丈だとは思いませんでした。これ本気でオススメですよ。

 

仕事で使うならハードキャリングケースが絶対にいい理由

業務でドローンを飛ばすなら、ハードケースがオススメです。
逆に言うと、業務でソフトケースを使ってはいけません。

「何故か??」

これはソフトケースで飛行現場に行った経験がある人間にしか分からないことですが、、、

飛行現場にソフトケースを持っていくとクライアントにまあまあ「こいつ大丈夫か?」という顔をされます。
やはり説得力が重要な世界ですので、飛行に関係ないところで不安を抱かせるのは避けたいですよね。

また、作業現場というのは地面がコンクリートアスファルトであることが多く、そのような場所で手を滑らせてソフトケースを落としてしまうと中のドローンが破損する恐れもあります。
飛行前の故障は流石に笑えませんので、是非ハードケースをお使いください。

 

耐久性の高さゆえに少し重いか?

ハードケースにも弱点はあります。
それは、耐久性の高さから来る重量です。

車や新幹線などの移動では問題ありませんが、山間部などを長時間徒歩で移動する場合はなかなかスタミナを奪われます、、、
そのような状況が想定されるのであれば、素直にソフトケースを選択した方がいいでしょう。

ちなみに気になるハードケースの重量ですが、弊社で販売している Mavic Air 2 タイプのハードケースは単品で2.2Kgあります。
ここにドローン本体やバッテリーが入りますので、Mavic 2などでは総重量が4Kg近くなります。
スーパーで2リットルのペットボトル2本買って帰るときが、続く感じになりますので、それなりに腕がプルプルします。

 

 

結局どっちがいいの??自分に合ったのは??

どっちが優れているか、結局はドローンを使う環境によります。

例えばなどを空撮するだけであれば、ソフトケースで十分かと思います。
それに対して点検定点撮影などの業務をするのであれば、ハードケースの使用が現実的です。

そこで!予算はある程度かかりますし、これからドローンを買う予定の方のみが対象になりますが、ハードケース付きのセット商品がオススメとなります。
これはソフトケースが付属するセットに、ハードケースが追加されたパッケージ商品です。
 

他にもドローンの飛行時にあったらいいなぁというアクセサリーが全て付属しますので、「何買ったらいいか分からないよぉ?」という方にも丁度いいかと思います。

MAVIC AIR 2 スターターフルセット 詳細はコチラ!

MAVIC 2 PRO 空撮セット 詳細はコチラ!

MAVIC 2 ZOOM 空撮セット 詳細はコチラ!

 
すでにドローンをお使いで、改めて用途に合わせたケース・バッグが欲しい!という方は、こちらをご覧ください。

DJI & PGYTECH ドローンバッグ・ケース 一覧はコチラ!

最後に、今回ご紹介したケースに対応したドローンはこれだ!

DJI Mavic シリーズ 一覧はコチラ!

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
TAG : 
【MAVIC AIR 2 単品/コンボ】
数量限定で今なら即納可能!

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?