DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

画像:mavic

こんにちは!セキドの和田です!
今回は、DJI Mavic Proをおすすめするポイントをご紹介します。

 

 

コンパクトに変身!

DJI Mavic Proが発表されて驚いたのは、まずはその折りたたみ機構です。
アームを折り畳んだ本体サイズは、ペットボトル1本分程度で、重さはPhantom4などの送信機よりも軽量な734g。

画像:mavic

 

 

広げたサイズはPhantom 4と、5cm程度違います。

 

 

今までの送信機とは一線を画する形状に変わり、重さは本体よりさらに軽量になって、平面面積はスマホ程度。
下部を展開することでスマホが固定でき、手のホールド感も高める構造になっています。
※生産ロットによって、スティックの取り外しが出来ない送信機もあります。取れない場合は無理に引き抜かないでください。

画像:mavic

 

 

充電器も非常にコンパクトかつ軽量になっております。
大きさと重さは某有名アイスバーくらいでしょうか。

画像:mavic

 

 

スマホがなくてもフライトOK

送信機には、今までは無かったLCD画面が付きました!
今まではGoアプリを通して確認していた諸項目が、スマホ無しで確認できます。
新搭載の5Dボタンで簡単にズームが可能。

画像:mavic

 

 

みんなでセルフィー!ジェスチャーモード

Mavic Proには新しい「ジェスチャーモード」が搭載されています。
画像認識技術により、手を振るとフレームに被写体を捉えて、撮影ジェスチャーを行えば3秒後にセルフィーが撮影できます。

画像:mavic

 

 

さらに向上した安定性能

Phantom 4と同等か、それ以上の安定性能を得たMavic Proは、ホバリング状態で三脚レベルの撮影が可能です。
この安定性能により、ブレの少ない空撮が可能になりました。

画像:mavic

 

 

美しい4Kカメラ

小型になったカメラも、センサーサイズはPhantom 4と同じと言われています。
早朝に行った北海道テストでも、美しい美瑛の景色がしっかり撮れていました。

画像:mavic

画像:mavic

 

 

小さいのに大容量なキャリングバッグ

Comboセットに付属しているバッグは、機体・送信機・充電器・予備バッテリーを全て収納することが可能です。
中央部分に中仕切りが入っており、機体と送信機を収納できます。
小物入れも付いているので、外した送信機スティックやSDカードを入れるのも良いでしょう。
ショルダーバッグとしても、ベルトループに通しても様々な持ち運びに対応している万能バッグです。

DJI Mavic Pro Fly More Combo
画像:mavic

 

 

いかがでしたでしょうか。
これからもセキドはドローンを中心に、「記憶に残る素晴らしい経験をお届けいたします」をテーマに魅力あふれる商品をご紹介していきます。

最新Mavicシリーズ 一覧

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
TAG : 
Insta360アウトドアセール

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?