DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは、佐賀県多久市にてセキドの代理店としてDJI農業用ドローンの販売、整備、教習を行っている、株式会社アイテムの山本です。

佐賀県はもとより全国の農家さんで、担い手不足により農家一件当たりの作付け面積の増加が近年話題となっていますが、それに伴い作期分散や適期防除の観点から、気軽に運用できる農薬散布ドローンは急速に普及が進んでいます。弊社は中山間地区への農業用ドローン普及に注力しており、お客様と接する中で、中山間地こそ農業用ドローンが活躍するのではないかと日々実感しております。
今回は、そんな農業用ドローンの中山間地区での活用についてご紹介させていただきます。

- もくじ -
1. 中山間地域での農業の現状
2. 農業用ドローンは中山間地の救世主!
3. 山間部での不安を解消する最新ドローン
4. まとめ

 

1. 中山間地域での農業の現状

中山間地は水が綺麗な場所が多く、良質な農作物が生産できる利点があります。一方で、高齢化が著しく働き手不足や、変形圃場地、圃場面積が狭い影響で、大型機械の導入が出来ず、すべての農作業に時間を要します。

中山間地でのドローン農薬散布_01_s
防除に関しては、平坦地域でよく使われる乗用管理機を用いた防除ができない場所がほとんどで、動力噴霧機を用いた防除となります。また、急を要する防除(害虫、病気)が発生した際の動力噴霧器での緊急散布は、生産者の大きな負担となり、防除を諦める方も多くいらっしゃるのが現状です。私が担当しているお客様でも、畝から撒くだけで事足りる場合はまだしも、「動噴を担いで圃場の中に入らなければいけない」場合が、体力的にも一番きついとよくお話しされています。

 

2. 農業用ドローンは中山間地の救世主!

そんな、課題が山積みの中山間地ですが、農業用ドローンを導入する事で多くのメリットがあります。私がお客様にドローンを販売していく中でお客様からもっとも喜ばれた点を3つご紹介します。

中山間地でのドローン農薬散布_02_s
 

No.1 圧倒的な散布時間の短縮

散布にかかる時間が大幅に改善されます。圃場の形状で大きく変わりますが、中山間地では1haあたり15分~30分ほどで完了させる事が可能です。手作業と比較しても数十倍早く散布を終わらせることができます。

また、時間だけではなく”労力”もかなり軽減されます。実際の散布作業は特に難しいものではなく後述する最新ドローンの便利な機能を使えばボタンを数回押すだけの手間で散布作業が完了できます。
 

No.2 動力噴霧機と比較して水の量が圧倒的に少ない

従来の散布方法は希釈水を多く必要とします。農薬によって異なりますが、1ha(約3000坪)あたり1000L近くの水が必要です。一方、農業用ドローンは高濃度少量散布が基本となりますので、無人航空機による散布適用がある場合は、1haあたり数リッターの水で済み、キャンプなどで使うポリタンクで十分です。大量の水を運搬する手間は大変なものですが、ドローンを活用することでこの作業も省略可能です。
 

No.3 少人数で散布可能

農業用ドローンなら、操縦者と補助員の2名で散布が可能です。水を何回も運ぶ手間が無いので作業を中断する事も無く、効率的な散布が可能です。

 

3. 山間部での不安を解消する最新ドローン

私が販売させていただいたお客様ではドローンの導入にあたり、「うちの圃場は山間地で変形圃場が多く、自分で飛ばすことができるかどうか不安」との声を伺うことが多いです。その不安から導入を躊躇している方が多くいらっしゃいます。

中山間地でのドローン農薬散布_03_s
ですが、DJI農業用ドローンは最先端のテクノロジーで、操縦者の負担を減らす機能が多数搭載されています。職人技のような操縦技術を身に付けなくても簡単に運用することができますので、操作や操縦に関するお悩みをお持ちの方には特におすすめです。

特に、最新の DJI AGRAS(アグラス) Tシリーズの中で最もコンパクトな「DJI AGRAS T10」では、

・ネットワークRTKを使った簡単で高精度な完全自動航行ができる
・新たに球形レーダーシステムを搭載し30m先1cm以上の物体を検出可能
 (障害物を検知すると自動でブレーキをかけて停止します)
・自動航行中は自動的に障害物を避けて迂回する設定も可能
・急な雨でも安心のIP67防塵防水仕様で散布後のお手入れも簡単!
・小さな機体なので離着陸場所が狭くても運用が可能

などなど、まさに障害物が多く天気の変わりやすい山の環境での農薬散布に最適な機能や特性が盛りだくさんです。
 

完全自動の農薬散布とは?

特におすすめしたい機能が、ネットワークRTKを使用した完全自動航行です。中山間地では携帯の電波が入らない場所もあるのでどこでも使える訳ではありませんが、従来の自動航行と比べて位置測位精度がcmレベルに向上しています。さらに、最新の T10 には変形圃場に最適な額縁散布モードも追加されています。田植えの植え方に似ているこの散布方法では、障害物からも距離を取って安全に運用しながら、隅々までムラ無く散布することが可能になりました。

また、低速度上昇という機能も追加されており、自動航行中に速度に合わせて飛行高度を調整してくれるので、稲の倒伏防止にも役立ちます。
言葉だけではなかなか伝わりにくいと思いますので、ぜひ実際のデモ映像でお確かめください。

 

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?ここまで中山間地域おける農業用ドローンの運用についてご好評頂いている点を紹介してまいりました。

中山間地でのドローン農薬散布_04_s
平地での運用は勿論便利ですが、最新DJIドローンはそれだけに飽き足らず、中山間地域でこそ真価を発揮する便利なドローンです。これからのスマート農業を担って行く農業用ドローンについてご興味がありましたら、まずは導入についてご相談ください。
当社はセキド農業ドローン代理店として、佐賀県を中心に農業用ドローンの販売、講習、整備を行っており、自社でも散布代行として豊富な散布実績がございます。経験豊富なスタッフが、お客様の圃場で最適な運用方法をご提案可能です。下記のお問合せ先までお気軽にお申しつけください

================================
株式会社アイテム
営業時間:9:00~17:00
住所:佐賀県多久市北多久町大字小侍4771
電話番号:0952-71-9855 FAX:0952-71-9856
ホームページ:https://www.item-ltd.net
メールアドレス:item@item-ltd.net
================================

 
セキドでは、もっと知りたい!導入を前向きに検討したい!という方に向けて、農薬散布を含む様々な業務で利用されるドローンについて紹介する無料のWEBセミナーや体験会を開催しています。まずはドローンでどんな業務ができるのか?そんな疑問を解消していただくため、ぜひお気軽にご参加ください。

無料セミナー

無料WEBセミナー・体験会 一覧

 
ドローンを使った農薬散布をご検討中の方は、ぜひ下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください。ご要望に応じて個別にご案内させて頂きます。

DJI 農業用ドローン お問い合わせフォーム

セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口
03-5843-7836

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?