DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは!セキドラジコン担当の秋元です。
今回のラジコン関連コンテンツは、10/24(日)に千葉県旭市のGBサーキットで開催されたオフロードRCカーのレースイベント「GB circuit All Japan Championship」をご紹介いたします。レース参戦&HOBBYWINGブースの出展でユーザーサポートさせて頂きましたので、レース当日の様子や使用したアイテムなど、ラジコンレースイベントに参加してみたい!というユーザーは、ぜひ最後までご覧ください。
 

どんなサーキットのイベントに参加したの?

HOBBYWING ブース_02_s
今回お邪魔したのは、千葉県旭市にあるGBサーキット様です。海も近く、銚子も近いエリアにあるサーキットで、関東でも歴史の長い屋外サーキットの1つです。

コースはオフロード、初心者向けオフロード、オンロードの3面が有り、室内ピットと屋根付き屋外ピットを完備。必須となる電源やコンプレッサー、水道、お手洗い等も完備しています。徒歩5分にコンビニも有るので飲食にも困りません。初心者歓迎サーキットとして様々なイベントを開催している、アットホームな人気のサーキットです。

 

開催クラスや1日のスケジュールは?

GB circuit All Japan Championship は、2WDのみのオフロードイベントで、レディースクラス、ブーストック17.5T、オープン、SCオープン、スタジアムトラック13.5T の5クラスが開催されました!2WDオフロードで人気の17.5Tはもちろんの事、レディースクラスも新設され、老若男女問わず幅広い方が参戦されていました。

今回は人数で50名以上、延べエントリーで81名が参加され、当日は見学の方を含めると約80名ほどの来場者となり、大変賑やかな大会となりました。

HOBBYWING ブース_03_s
丸1日をフルに使うスケジュールで、朝7時半に開門 → 受付 → 練習走行 → 開会式 → 予選1回目 → お昼休み → 予選2回目 → 決勝 → 抽選会 → 18:30頃終了 というスケジュールになりました。

走行回数こそ普段の一般練習日と比べて少ないものの、仲間のレースを応援して盛り上がったり、気になる製品やマシン談義、普段走行しているコースの話題など……様々な地域から参加されるイベント時ならではの雰囲気で、楽しい事が盛りだくさんです。

 

HOBBYWINGブースでユーザーサポートも万全!

今回はオーナーの御厚意で HOBBYWINGブースを出展させていただき、商品の展示や ESC、モーターに加えて SUNPADOWバッテリーや SAVOXサーボ等のセッティングサポートも行いました。

HOBBYWING ブース_04_s


実際にマシンに触れながらポイントをご案内したり、実際に操縦させていただく事でセッティング状況を把握するなど、より細かなサポートが実施できるというのもブース出展の魅力の一つです。
今後もオンロード、オフロード共に各イベントに参加して現地サポートを強化していきますので、出展のご提案や、会場で見かけられた際にはぜひお気軽にお声がけください!

 

2WDオフロードのバッテリー使い分け方法とは!

2WDオフロードRCカーでは、ESCのプログラム設定やモーター/ギヤ比の調整はもちろんですが、バッテリーの使用方法でも細かくフィーリングを変える事ができる為、バッテリーはセッティングの重要なアイテムの1つです。それではバッテリーの使い分けと充電方法の調整についてご紹介させて頂きます。

GBサーキットはダートとカーペットが混在しているハイブリッド路面となっており、1周の中でもグリップ差が大きく生じるのが特徴です。ダート部分は低グリップでギャップもある為、挙動が乱れない程度のスムーズな吹け上がりとなる様に調整が必要となります。カーペット部分ではグリップが上がる事とジャンプの飛距離を稼ぐ為に、ある程度のパワーも必要となってきます。

今回は SUNPADOW Goldシリーズの 3800mAh薄型タイプと 6000mAh標準タイプの2種をレース中に選択する事にしました。厚さと重量の違いが有り、3800mAhは164gで厚さ18.5mm、6000mAhは224gで厚さ25mmとなり、高さで6.5mm、重量で60gの差が生じます。

SUNPADOW Goldシリーズの詳細はコチラ7.4V/3800mAh/130C リポバッテリー(ショート)詳細

7.6V/6000mAh/ 100C リポバッテリー(ショート)詳細

予選ではギャップが少なかった事も有り、3800mAh薄型タイプを使用しましたが、決勝は17時過ぎという事で土中の水分浮上によるグリップ低下とギャップも増加し、暗くなってきている時間帯で昼よりもマシンの挙動が見づらく、ミスも起きやすくなる事から、安定感の向上でミス無く5分完走する事を狙いとして、6000mAh標準タイプを選択しました。

決勝出走30分前に変更の決断をしたので、充電が終わるかヒヤヒヤしていたのは内緒です。。。

バッテリーを変更して望んだレース結果は?

決勝では、重量増加と重心が高くなった事でマシンロールが増え安定感が向上し、ペースこそ若干落ちたものの、安心感の高いフィーリングを実現したことで気持ちにも余裕が生まれ、5分間ミス無く走行することができました。結果はなんと優勝!ということで、直前の変更が功を奏した形となりました。

 

どんな充電方法をしたの?

最後に優勝に繋がったバッテリー変更に合わせて行った充電の方法をご紹介いたします。

SUNPADOW_バッテリー充電

充電電流は?

普段は5A~6A程で行っていますが、低グリップ&ギャップ増加という状況も考慮して最終的には3A充電に設定しました。充電時間は増えてしまいますが、バッテリーへのダメージも軽減されパワーの出方も穏やかになる為、予選1回目以降変更を行いました。

充電終了電圧は?

あえて満充電にせず、8.25V付近で充電を終了させる事で1周目から扱いやすいパワーフィーリングを実現させました。8.4V~8.3V位までは変化を感じやすいのですが、8.2~7.8V位までは安定して変化が少ない印象が有り、今回はそれを活用してみました。

もちろんハイグリップなダートやカーペット、人工芝では、最初から8.40V満充電で走行させます!

思わずパワーを求めがちでは有りますが、適度で扱いやすいパワーフィーリングを実現させる事も1つ重要なポイントです。是非ご参考にしてみてください!

 

サポートも安心なセキドのラジコンパーツ

セキドでご購入いただいたラジコンパーツについては、詳しいスタッフが万全の体制でサポートさせていただきます。購入相談や使用方法については、ぜひお気軽に下記のフォームからお問合せください。

購入前のご相談はコチラ

購入後のご相談はコチラ

 
セキドオンラインストアでは、今回紹介したアイテムのほかにも様々な種類のESCやモーター、サーボ、バッテリー等を取り扱っていますので、詳しくは商品ページをご覧ください。

RC・ロボット関連製品 一覧

 

ラジコンパーツの選び方や、大人のラジコンの楽しみ方などRC関連コンテンツはコチララジコン(RC)関連コンテンツ 一覧

次回の更新も楽しみにお待ちください!

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?