DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは、セキドの大岡です。
今回は Phantom 4 RTK に追加された、インフラ点検を効率化する2つの新機能をご紹介します!
 

インフラ点検を効率化する
Phantom 4 RTK の新機能とは?

それでは新たに追加された機能について、アプリ画面を合わせてご紹介していきます。

1. 傾斜飛行経路


 
1つ目は「傾斜飛行経路」というミッションです。
こちらは構造物の壁面や、傾斜のある地形をモデリングする際に便利なミッションです。


 
任意の面の底辺と頂点をKMLで指定して送信機に読み込ませ、アプリ上でそれぞれの頂点の高度と任意の面からの撮影距離を入力することで、垂直な面でも傾きのある面でも指定したラップ率で撮影をすることができます。


 
従来はドローンに垂直方向の立体的な動きをさせる場合は、マニュアル操縦で行なっていましたが、これで大型の構造物の壁面であっても自動でモデリングに必要な写真を撮影できてしまいます!
高層ビル大型の橋梁などの点検には、最適な機能になっています。

PHANTOM 4 RTK の詳細はこちら

 

2. 直線飛行(高度調節可能)


 
続いて2つ目は「直線飛行(高度調節可能)」というミッションです。
長距離かつ高度変化のある対象物をモデリングするのに適したミッションです。


 
KMLファイルでルートを指定し、各ポイントの高度をアプリで設定することで、ドローンが自動で高度を変えながら指定したラップ率で写真を撮影することができます。
従来も「飛行帯」という、道路など長距離の対象物を撮影するミッションがありましたが、高度変化には非対応でした。

こちらのミッションで、送電線など長い経路で、地点により高さが異なる対象物も簡単にカバーできるようになりました。


 
今回ご紹介する、Phantom 4 RTKの新機能は以上です。

 

追加された新機能を活用するには

上記のミッションで撮影した画像を、「DJI TERRA」や「Pix4Dmapper」などのモデリングソフトに読み込ませて、3Dモデルを生成することができます。
構造物をモデリングしておくことで、現場では気づくことのできなかった損傷部位を、後からでも発見することができ、点検の効率化と精度向上に貢献します。

今年5月に発売された「Matrice 300 RTK」もそうですが、昨今のDJI製品は、大型インフラ点検の効率化を意識した機能が充実してきました。
点検業務に携わられる方は、ぜひ今回の新機能をご活用いただければと思います。
Matrice300RTK01

MATRICE 300 RTK の詳細はこちら

 
今回ご紹介した「傾斜飛行経路」と「直線飛行」を使った実例は、こちらの記事をご覧ください。

【実例】Phantom 4 RTK と DJI Terra で
山間部の送電線をモデリング

 
ドローンを使った調査・点検などの業務について、もっと詳しい情報や機材選定のご相談、お見積もりのご依頼は、お電話またはお問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。
導入から運用までしっかりとサポートさせて頂きます。

セキド虎ノ門本店 産業用ドローン相談窓口
03-5843-7836(月~金 10:00~17:30)

カスタマーサポート お問い合わせフォーム

 
今回ご紹介したモデリング用のドローン「Phantom 4 RTK」の詳細はこちら。
Phantom4RTK01

PHANTOM 4 RTK 詳細

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
【5,170円 OFF!】
DJI Mini 2 空撮セット

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?