DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは!セキドの和田です。
今回は、DJI Phantom 3 Standard について、はじめてドローンをお使いになる方でも安心して運用できるよう、開封からフライトまでの手順を紹介します!

これを機に、ハイクオリティーな撮影が可能ながら、低価格で導入しやすい「Phantom 3 Standard」を使って、空撮を始めてみませんか?

 

 

ドローン到着までの事前準備

注文したPhantom 3 Standardがお手元に届くまで、多少のお時間があります。
機体が手元に無くても準備できることがあるので、到着を楽しみに待ちつつ、次の点を確認しましょう。

 

モバイル端末について

Phantom 3 Standardを使用するには、モバイル端末が必須となります。
メーカーぺージより、お持ちの端末が対応しているかを確認しましょう。

データ通信(モバイル契約)は必須ではありませんが、利用できる方が便利です。
地図データやファームウェアのダウンロード、最新情報の通知などをいつでも受けることができます。

 

DJIアカウントの設定とアプリのダウンロード

DJI製品を使用するためにはDJIアカウントが必要となるので取得しておきます。
コチラのPDFをご確認頂き、DJIアカウントを取得してください。

DJIアカウントを取得後、DJI GOアプリをモバイル端末にインストールします。
DJI GOアプリは機体からの映像を確認したり、設定調整を行うのに必要です。
※App StoreやGoogle PLAYからダウンロードできます。

 

 

到着・開封

箱を開けると、クイックスタートガイドや免責事項、DJI賠償責任補償制度申込書などが入っている小箱があります(DJI賠償責任補償制度については後述します)。
その下には、機体、送信機、モバイル端末ホルダー、プロペラ、アクセサリー一式、 充電器一式が入っています。
マニュアルや免責事項は、必ず内容を確認しておきましょう。
マニュアルデータのダウンロードはコチラ

到着したPhanotm 3 Standardです!

 

 

まずは充電

始めに機体と送信機のバッテリーを充電します。
機体のバッテリーは専用のACアダプタを使用し、送信機はmicro-USBケーブルを使用して充電します。

 

 

モバイル端末ホルダーの取り付け

送信機にモバイル端末ホルダーを取り付けます。
取り付けには、プラスドライバーが必要です。

 

 

機体の準備

固定具の取り外し

まずは、機体のカメラジンバルを固定しているホルダーを外します。
取り付けたまま機体の電源を入れてしまうと、ジンバルに負荷がかかり故障してしまうので、ご注意ください。
また、レンズについているキャップも忘れずに取り外します。

 

電源の入れ方

電源を入れるときは、先に送信機の電源を入れ、その後機体の電源を入れます。
安全上、この順番は必ず守ってください。

送信機は、電源スイッチを右にスライドさせると起動します。
機体は、バッテリーにある電源ボタンを一度押し、LEDが点灯している間にもう一度押し続けると起動します。

電源を切る場合は、先に機体を切り、後に送信機を切ります。
手元から始まり、手元で終わるイメージです。

機体の電源を入れる際は、必ず水平な場所に置いてください。
機体内部のセンサーが狂うことがあります。

また、電源を入れたあと、後部LEDが黄色に3回点滅している時は、システムのウォーミングアップ中となります。
この間もなるべく機体を動かしたりしないよう、ウォーミングアップの完了をお待ちください。

 

Wi-Fiの接続とアクティベート

モバイル端末でWi-Fiを検索すると、[PHANTOM3_****]という名称のWi-Fiがあるので、そちらに接続します。

その後、DJI GOアプリを立ち上げます。

初めて機体との接続を行った時は、機体をアクティブにする必要があります。

 

 

機体の準備の手順については、下の動画をご確認ください。

 

 

調整

アプリからカメラビューに入ると、機体カメラからの映像が確認できます。
早速飛ばしたくなる気持ちを抑え、安全に機体を飛ばすために、事前に機体の調整を行いましょう。

 

IMUキャリブレーションの実行

機体には、ジャイロや加速度センサーなどが搭載されており、それらを総称して「IMU」と呼びます。

IMUキャリブレーション(校正)を行うことで、センサーのずれを修正し、機体を安定させることができます。
キャリブレーションの際には、必ず機体を水平な床やテーブルに載せて行ってください。
キャリブレーションには少し時間がかかりますが、週に1回を目安に定期的に実施することを推奨します。

IMUキャリブレーションの方法は、下記の動画をご確認ください。

 

 

初心者モードについて

初心者モードが有効になっている際は、安全のためGPSを十分に取得できない間、 モーターは回転しないようになります。
屋内や地下などで撮影や動作確認を行う際には、初心者モードを無効にする必要がある場合があります。

また、初心者モード中は、飛行距離と飛行高度が制限されますので、必要に応じて切り替えてください。

初心者モードの詳細については、下記の動画をご覧ください。

 

 

バッテリーチェック

バッテリーに異常がないかを確認します。

Phantom 3 Standardのバッテリーは、4セルのリポバッテリーなので、各セル電圧が4つ表示されています。
このセル電圧が、1つだけ極端に低かったりする場合は、バッテリーが壊れている可能性があります。
当社では、0.03V以上の差異が見られる際には、破損としています。
※フライト直後には、セル電圧にバラつきが見られることがあります。

 

 

カメラ設定

静止画と動画の撮影サイズや、ホワイトバランスなどを、自由に変更することができます。
お好みの設定に変更しましょう。

 

 

プロペラの取り付け

プロペラは、時計回り用(CW)と反時計回り用(CCW)の2種類が同封されています。

モーターもそれぞれ回転方向が決まっていますので、取り付ける場所を間違えないようにしてください。
モーターとプロペラの色で判断できるようになっていますので、正しくないモーターへ無理やりねじ込まないでください。

プロペラの取り付け方法は、下の動画でご確認ください。

 

 

フライト方法

送信機の操作説明

モード1の場合、左スティック前後で機体の前進後進、左スティック左右で左右旋回、右スティック前後で上昇下降、右スティック左右で左右移動となります。
モード2の場合は、機体の上昇下降と前後移動が、モード1と反対になります。

また、送信機左上についているダイアルを回転させることで、カメラの角度を調整することができます。

 

 

コンパスキャリブレーションの実行

機体の方向を認識するため、機体にはコンパスが組み込まれています。
磁性体の影響を受けて狂いやすいので、コンパスキャリブレーションはフライト毎に実施しましょう。

コンパスキャリブレーションの方法は、下の動画でご確認ください。

 

 

GPSを補足するのを待つ

機体がGPS情報を十分に補足できるまで待ちます。
機体後部のLEDが、黄色点滅から緑点滅に変われば、補足できた合図となります。

周囲に高い建物などがない、見晴らしのいい場所ならすぐ完了しますが、山間部や窪地、谷間、建物のそばなどでは、GPSを拾いにくくロストもしやすいので十分な注意が必要です。

さらに、緑点滅になっても直ぐには飛ばさず、ホームポイント(離陸地点)を記録するのを待ちます。
ホームポイントが正しく記録されていれば、万が一のときにもフェイルセーフ機能により、機体が帰還する可能性が上がります。
※なぜGPSが必要なのかは、コチラのQ&Aページでご確認ください。

 

フライトさせよう

離陸の際は、機体を水平な場所に置きます。
草地などでは、離陸時に引っかかりを感じることもあるので、アスファルトや土の地面などから離陸させましょう。
マンホールや鉄製の物の上はコンパスに影響が出ることがあるので注意します。

コンパスエラーが表示された場合は、再度コンパスキャリブレーションを行います。
カメラが向いている方向(機種方向)を前方として、機体後方から操作を行ってください。

 

機体から十分に距離をとって、下記の手順で機体を起動させます。

・送信機の両スティックを手前内側に倒すと、モーターが始動します。
・モーターが動き出したらスティックはセンターに戻します。
モーターが動かない場合、アプリ上になんらかのメッセージが出るのでそれを確認してください。

 

※以下は、操作モードがモード1の場合の説明です。

右スティックを前方に倒すことで機体が上昇します。
地面に近い高さでは、自身の起こした風により不安定となるので、ゆっくり上昇させるよりも、目線の高さくらいまで一気に上昇させるほうが安定します。
上昇させた後は、直ぐに遠くへ飛ばしたりせず、まずは機体が安定してホバリングするかを確認してください。

その後、前後移動(左スティック前後)、左右移動(右スティック左右)を軽く行い、 問題なく反応するかをテストします。
もし安定しないようなら、コンパスやIMUの再キャリブレーションを行い、GPSの受信感度を確認します。
機体に問題がなさそうなら、少しずつ高度や距離を上げていきましょう。

目視外飛行は、航空法令により禁止となりますので、必ず機体が見える範囲で飛ばします。
ついアプリ上の映像を見入ってしまうかもしれませんが、基本的には機体を見ながら飛ばし、構図の確認などでチラッとアプリ画面を見る程度にします。

遠くの木や電線などは距離感がつかみにくいので、十分注意しながらゆっくりとフライトさせましょう。
機体の前後左右の移動は、機体を後方から見ているときには直感的に操作できますが、機首の向きが変わると咄嗟に動かす方向が分からなくなってしまいます。
操作に慣れないうちは、機体の旋回(左スティック左右)は行わず、常に機体後方が自身の方を向いている状態で飛ばすことをおすすめします。
もし機体を旋回させてしまい方向が分からなくなった時は、自分も体をねじって、送信機と機体の方向を合わせると、操作方向が分かりやすくなります。

離陸からフライト中の機体操作については、下の動画でご確認ください。

 

 

フライト時の注意事項

水濡れや埃には要注意!

ドローンは精密機器です。
電子制御により機体を安定させているので、水濡れや埃には弱いです。
雨だけでなく、霧が出ているときなども、フライトは控えてください。
機体内部には、水分に反応するシールが各所に貼られています。
このシールが反応している場合には、保障が受けられませんのでご注意ください。

 

電波干渉

機体の操縦や映像の伝送を行っている電波が、他の電波と干渉する可能性はゼロではありません。
なるべく、周囲には電波を使用している機器が無いような環境で飛ばすようにしてください。
Wi-FiやBluetoothと同一の電波帯を使用しますので、身の回りの無線機器はオフにしておくといいでしょう。

 

航空法に関して

平成27年12月10日より改正された航空法省令が施行され、ドローンのフライトに関するルールが明言化されます。
詳しくは下記リンクをご確認頂き、ルールを遵守し安全なフライトを心がけてください。
無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール(国土交通省のページ)

 

 

その他

輸送や保管に最適!専用設計のアルミケース

「PHANTOM」ロゴ入りで、持ち運びやすく剛性の高いアルミケースです。
内装には高密度ウレタンを使用して、機体や送信機を衝撃から保護しつつ、しっかり保持します。
大切な機体を安心して持ち運ぶためにも、ぜひアルミケースをご利用ください。
アルミケース商品ページはコチラ

 

DJI賠償責任補償制度について

DJI賠償責任補償制度は、申込書が入っている製品をご購入の方なら、どなたでも無料で加入できる保険です。
万が一のときの対人対物に対する補償が受けられます。

取り扱い代理店の変更に伴い、加入用紙が2種類同封されていることがあります。
申込みの際には、新しい用紙に記載頂くか、コチラのページ(エアロエントリー社)から登録をお願いします。

 

不明点や故障かな?と思ったら

まずは、こちらのQ&Aページをご確認ください。

テクニカルサポートへのお問い合わせは、コチラのフォームよりお願いいたします。

 

Phantom 3 Standardを使用して、素敵な空撮を楽しんでください!

※製品やアプリの仕様は、予告無く変更となることがあります。

TAG : 
DJI MAVIC AIR 2 | 飛躍せよ、まだ見ぬ世界へ スタートVlogキャンペーン・DJIのドローンとカメラが最大31%OFF! オリジナルコンテナ【お買い物特典】 MAVIC MINI | 自由を手に、飛び立とう MAVIC 2 PRO |折りたたみ式 超高画質 DJI MATRICE 300 RTK | Built Tough. Works Smart. セキド撮影コンテスト 2020 下取りサービス(ドローン) キャッシュレス・消費者還元事業
QYSEA FIFISH 2,000 円OFFクーポン SUBLUE | 失敗しない!はじめての水中スクーター選び&購入ガイド レンズが選べるアクションカメラ Insta360 ONE R OSMO シリーズ | 滑らかでブレ知らずの撮影 RONIN シリーズ | 一眼レフを搭載可能なスタビライザー PHANTOM4 PRO V2.0シリーズ
無料会員登録
メルマガ登録メルマガ登録
【MAVIC AIR 2 単品/コンボ】
数量限定で今なら即納可能!

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ