DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

Q1.CHASING M2 PRO に「ACパワーコンポーネント(ドッキングステーションなし)」を取り付ける位置はどこですか?
A.取り付ける際は、下記をご参照ください。

マウントサポート取り付け位置解説1

マウントサポート取り付け位置解説2

取付け後イメージ

Q2.高輝度スクリーンコントロールボックス利用時を介して接続していますが、地上給電が認識しません。
A.アプリケーション側での設定が必要です。下記をご参照ください。

1.認識されていない場合、バッテリー残量表示が通常のバッテリー駆動と同じ状態です。左上の「ギアマーク」をクリックして、設定画面に入ってください。

2.「ROV」をクリックします。

3.「The AC power supply」の●をクリックしてONにします。

4.パイロット画面に戻り、バッテリー残量表示に「給電マーク(稲妻のようなマーク)」が表示されていると給電がされております。

また、家庭用電源または、接続が不安定な際は別途「変圧器」をご用意ください。変圧器の必要スペックは下記の通りとなります。
※AC製品パワーサプライモジュールのスペックに記載があります通り「200-240V」でのご利用製品となります。
日本の家庭用電源は「100V」のため、日本の家庭用電源環境下でのご利用の場合は変圧器をご用意いただく必要がございます。

・100Vの電圧を220Vに変圧できる事
・300Wの出力が可能である事
(「LVYUAN 変圧器2000W」にて動作確認済み)

変圧器を使用した場合、破損することはございませんが給電を安定させるために上記の通り変圧器をご用意ください。

Q3.CHASING アダプターボックスを介して接続していますが、地上給電が認識しません。
A.アダプターボックスのアップデートが必要となります。

1.下記を接続します。
・CHASING M2 PRO本体
・ACパワーコンポーネント
・ACパワーテザー・巻き取り機
・アダプターボックス(充電済みであることを確認してください)
・コントローラー
・スマートフォン(ネット接続必須)
・変圧器

2.コントローラーをONにして、起動してください。アプリを起動して正常に接続されていることを確認してください。

3.アダプターボックスをONにしてください。

4.しばらくすると、アプリ上に下記の通りアップデートアラートが出ますので、画面の指示に従ってアップデートしてください。

5.アップデート完了後、自動でアダプターボックスが再起動します。アプリを再起動してください。

6.設定画面に下記の通り「アダプターボックスAC」の項目が追加されます。(アダプターボックスの電源がONの時のみ)
「開く」を選択します。

7.地上給電が開始さます。

Q4.巻き取り機は防水ですか?
A.巻き取り機は防水ではありません。テザーに多少の湿っている分には問題ありませんが、テザーが水濡れしているまま巻き取り、放置しすると破損の原因となります。テザーを巻き取る際は、タオルなどで拭きながら巻き取りをしてください。
また、巻き取り機内部に水が入らないように運用いただき、接続端子部分についても濡れないようにご注意ください。
ご利用時においては巻き取り機の穴の部分をマスキングテープなどで保護いただいても問題ございません。(ご利用後は保護をせずに保管してください。)

※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※記載内容は公開時点での仕様に基づいています。バージョンアップなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ