DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

Insta360アウトドアセール

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は、しっかりとロックできますか?

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は、特許取得の SnapLock システムを開発し、簡単な1ステップで取り付けられる SnapLock プレートを作成しました。安全性を高めるために、さらにしっかりとロックできます。PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台には、安全性を高めるために所定の位置にロックするためのピンも付いています。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台と他の雲台の違いは何ですか?

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は、特許取得の SnapLock システムを使用して、より効率的なカメラ セットアップを提供します。ボタンを押すだけでギアを簡単にロックできます。追加的なロックは、ノブで動作する従来のロックとは異なり、安全性をさらに高めます。SnapLock プレートには、従来のクイック リリース プレートのように緩まないように、特許取得済みのタイトフィット ネジも含まれています。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台と互換性のあるカメラ プレートはどれですか?

Peak Design の標準プレートとPGYTECH SNAPLOCKプレート(アルカスイス互換)で動作します。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台と互換性のあるギアは何ですか?

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台には、ダブテール コールド シュー マウントと 1/4 インチのネジ穴があります。 1/4 インチのネジ穴を使用すれば、自撮り棒や三脚に取り付けることができます。PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台をモニターで使用する場合、ダブテール コールド シュー マウントを使用してカメラのホット シューまたはカメラ ケージのコールド シューに取り付けることもできます。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は、どれくらい正確に調整できますか?

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は360° 回転できます。 30度ごとに回転させつつ、30度ごとに表記される目盛りと矢印マークを合わせることで正確かつ簡単に調整できます。パノラマ撮影に最適です。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台にカメラを取り付ける方法を教えてください。

1/4 インチのネジを使用して、カメラを SnapLock プレートに取り付けます。特許取得済みの SnapLock プレートには、従来のクイック リリース プレートのように緩まないように、特許取得済みのタイトフィット ネジが含まれています。 PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台は、特許取得済みの SnapLock システムを使用して、カメラのセットアップをより効率的にします。安全性を高めるために、さらにしっかりとロックします。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台のチルト範囲は?

ボールとソケットのジョイントは、360° スイベル制御を提供します。ボールヘッドを下に 45 度傾けることができます。また、ボールヘッドの下部にギャップを設計し、垂直撮影時に角度を90度にすることができます。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台にレベリング バブルがありますか?

レベリングバブルは内蔵されていません。ただし、ほとんどのカメラにはレベリング設定があり、使用できるレベリング アプリも多数あります。

メンテナンスと清掃方法を教えてください。

ヘッド本体は特別なメンテナンスの必要がないアルミ合金製です。ただし、内部は高度に設計されているため、ボールヘッドの機能を損なわないように、埃や水が入らないように注意する必要があります。

PGYTECH SNAPLOCK コールドシュー対応 自由雲台の直径は?

16mmです。

サイズと重量はいくつですか?

重さは118gです。展開したときのサイズは 68.5*42*72.3mmです。折りたたんだ時のサイズは 68.5*42*51mm です。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ