DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

新商品や役立つコンテンツ、キャンペーン情報が届く!メルマガ登録

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

一般

P1で撮影した写真の解像度はどれくらいですか?

P1は、8192 * 5460。約45メガピクセルの解像度で撮影できます。

どの画像/ビデオ形式がサポートされていますか?

P1は、次の画像/ビデオ形式をサポートしています。
・画像:JPEG、JPEG + DNG
・ビデオ:MP4

カメラの最短連写間隔はどれくらいですか?

P1の最短連写間隔は0.7秒です。

P1のメカニカルシャッタースピードの範囲は?

1/2000秒—1/8秒

P1の1ピクセルサイズはどれくらいですか?

P1の1ピクセルサイズは4.4μmです。

P1はどのレンズをサポートしていますか?

P1は、DLマウント付きの24mm、35mm、および50mmレンズをサポートします。

P1で利用できる他のレンズはありますか?

いいえ、現在、P1は3つの業界固有のレンズのみをサポートしています。P1のレンズは、光学パラメータの書き込み、レンズ性能の記録、リマインダーなどの測量およびマッピングシナリオ用に最適化されています。他のDLマウントを備えたレンズは、Zenmuse P1カメラにインストールすると手動で写真やビデオを撮影できますが、測量とマッピングはサポートできません。

どのドローンがP1をサポートしていますか?
どのジンバルポートに取り付けることができますか?

現在、M300RTKのみがP1をサポートしています。P1は、M300 RTKがシングルジンバルモードの場合、1番ジンバルポートにのみ取り付けることができます。

P1で撮影した写真で記録されている位置はどれですか?

P1で撮影した写真には、カメラレンズの中心にある射出瞳の位置が記録されています。

Smart Oblique Captureはどのように機能しますか?

Smart Oblique Captureでは、P1は下、前方、左、後方、右の撮影順序を採用しています。これは、オブリーク写真測量データ収集に最適な撮影順序です。

Zenmuse P1のスマートスイング撮影中のカメラの傾斜角度範囲はどのくらいですか?

スマートスイング撮影中、P1の傾斜角度範囲は-60°~-90°です。

P1によって収集されたデータの地上サンプル距離と飛行高度の関係は何ですか?

地上サンプル距離と飛行高度の関係は、レンズによって次のように異なります。
・24mmレンズ:GSD = H / 55
・35mmレンズ:GSD = H / 80
・50mmレンズ:GSD = H / 120
ここで、GSDはセンチメートルで測定されます。 (cm)および目標距離(H)はメートル(m)で測定されます。

レンズはズームをサポートしていますか?
操作中にどのように焦点を合わせるのですか?

いいえ、ズームは現在サポートされていません。ルートモードではオートフォーカスが使用できます。マニュアルモードではマニュアルフォーカスが必要です。

P1の低ノイズ高感度モードとは何ですか?

P1の低ノイズおよび高感度モードは、ノイズレベルを低減しながらカメラ感度(ISO)を向上させることができます。

P1はどの測量および用途で使用できますか?

P1は、次のような複数の測量および用途で使用できます。
・2Dオルソモザイク
・3D oblique
・詳細モデリング
・リアルタイムマッピング

フィールドワークレポートにはどのような内容が含まれていますか?

飛行任務が完了すると、パイロットが現場のフィールドデータの品質をすばやく確認できるようにフィールドワークレポートが生成されます。情報は次のとおりです。
・各写真の場所
・写真の数
・RTKの測位ステータスと位置精度

ペイロードヘルス管理システムは何を記録しますか?

P1はDJIパイロットのペイロードヘルス管理システムに接続され、以下を記録します。
・デバイスのサービス時間
・過去の異常ステータス
・シャッターの使用回数
・ジンバルのスイングカウント

M300 RTKは、P1とともに使用した場合、PPK後処理をサポートしますか?

はい。タスクフォルダには、PPK後処理の計算に使用される写真、元のGNSS観測、およびTimeStamps.MRKファイルが格納されます。

M300 RTKとP1の航空測量ソリューションはどのタイプのAPPコントロールをサポートしていますか?

現在、DJIパイロットのみがサポートされています。

P1はどの動作モードをサポートしていますか?

P1は、次の操作モードをサポートしています。
・航空写真
・Oblique photography
・Corridor mapping flight
・ウェイポイント飛行
・手動操作

M300RTKおよびP1測量ソリューションを使用する場合のTimeSync2.0の機能は何ですか?

次のTimeSync2.0機能を使用できます。
•露出時間間隔をマイクロ秒単位で出力
•カメラ、ジンバル、飛行制御システム、およびRTKの時刻同期。
•ドローンとジンバルの位置と向きに基づいて、カメラの正確な射出瞳位置を写真に書き込む、まったく新しい位置と向きの補正機能

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ