DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

ご使用後には必ずメンテナンス(真水での洗浄および十分な乾燥)を行なってください。
海水でのご利用の場合の洗浄は、風呂などにぬるま湯をためて浸けていただくとより洗浄効果が高まります。
浸けた後は、専用アプリ「SUBLUE GO」のセルフクリーニング機能でクリーニングを行なっておください。
また、洗浄後は水分をよく拭き取り、バッテリーカバーを取り外して十分に乾燥をしてください。
特にモーター周りの乾燥が不十分の場合、破損や不具合の原因になります。

詳しくは下記をご参照ください。

SUBLUE 正しい洗い方やメンテナンス方法は?
https://sekido-rc.com/blog/technical/faq_210723_005/

メンテナンス方法についてマニュアルより抜粋

モーター付近に水が入りますので、なるべくモーター部分の分解での乾燥をお勧めいたします。
また、砂が入ってしまった場合や、異音が鳴り始めた場合にはモーターを外しクリーニングをしてください。
本体のLEDディスプレイにエラー20が表示された場合も、同様に内部に抵抗を感じた為の停止となりますので分解して状態の確認を行ってください。
砂や異物を巻き込んだまま使用を続けると、本体の破損に繋がります。
また、乾燥時にドライヤーは使用しないでください。

モーター箇所の分解方法は下記の動画解説をご確認いただきお試しください。

注)必ずバッテリーを外して行ってください。
注)細かいパーツの紛失にご注意ください。
注)プロペラ等で怪我をされないようご注意ください。メンテナンス用のグローブなどをして行うことをお勧めいたします。

保管について下記の点を注意してください。
1. バッテリーは本体から外してください。
2.直射日光を避けて保管してください。
3.高温、火気、多湿、子供が触れるような場所には置かないでください。
 バッテリーの保管温度は25°C-5°C/湿度は65%-25%の範囲内で保管ください。
4.強い磁場を発生させる機器に近づけないでください。
5.環境の変化によってユニットの錆を防ぐため、1ヶ月1度は起動しモーターを短時間回してください。
6.長期間保管の際は、少なくとも1ヶ月ごとにバッテリーの容量を確認し、残量が少ない場合は60%まで充電をして保管してください。0パーセントのまま保管すると破損の原因となります。(残量30%-60%間での保管がバッテリー寿命を長持ちさせるポイントとなります。)
7.輸送時の補完については、輸送前に30%以下にバッテリーを放電して輸送してください。

 


*お問い合わせはこちら
https://pro.form-mailer.jp/fms/9a007f3292408


※当記事の無断での複製、改編、転載、二次利用などは一切禁じます。
※記載内容は公開時点での仕様に基づいています。バージョンアップなどにより記載内容と異なる場合があります。
※記載事項は予告なく変更となる場合があります。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ