DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

【数量限定】
お得な DJI MINI 2 セット!

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

1台の送信機で複数のMG-1P RTKをどのようにして操作するのですか?

アプリから、送信機を最大5機の機体に接続し、複数機制御モードの画面で飛行経路を編集できます。手順は自動操縦モードと同じです。また、ユーザーは1機の機体を選択し、アプリまたは送信機で操作可能にすることもできます。その後、機体はコントロールスティックとボタンで操作可能になり、その機体のFPVカメラの映像が画面に表示されます。

どの機体モデルが複数機制御モードに対応してますか?

現在、複数機制御モードに対応しているのはMG-1P RTKのみです。

複数の機体を1台の送信機で操作している場合、衝突の可能性はありませんか?

いいえ。機体は飛行状況の配信に対応しているので、それぞれの機体が飛行中に能動的に回避し、衝突することはありません。

FPVカメラのメリットを教えてください。

鮮明なビデオ映像により、FPVカメラは遠方にある障害物を回避するだけでなく、時間のかかる手動でのウェイポイント登録の代わりに、飛行中にウェイポイントとA/B地点を記録できます。

FPVカメラの動画を保存できますか?

いいえ。動画伝送はリアルタイムで表示されますが、保存することはできません。

飛行ウェイポイントを記録するには、どのようにFPVカメラを使用できますか?

アプリの[Waypoint Recording](ウェイポイント記録)をタップし、ドローンをフィールドの端へ飛行させて、ウェイポイントの記録を終了します。すべてのウェイポイントを記録した後、ドローンをキャリブレーション地点に帰還します。手動によるウェイポイント記録をドローンが代わりに行う点を除き、手順はフィールドプランモードと同様です。

MG-1P RTKとMG-1Sのバッテリー/充電器の違いは何ですか? また、それらは相互互換していますか?

バッテリープラグは2つから1つに集約され、 バッテリーがより使いやすくなりました。バッテリープラグと充電バランス調整プラグはバッテリー上で交換可能です。プラグに不具合が生じても簡単に交換できます。プラグ保護も改良され、化学的浸食からプラグを保護するため、耐用年数が長くなりました。新しいバッテリーをバランス調整ケーブルで取り付ければ、MG-1S充電器でバッテリーを充電できます。

MG-1P RTK送信機とMG-1S送信機の違いは何ですか? また、それらは相互互換していますか?

MG-1P RTK送信機の操作範囲は3kmに拡大し、4G接続に対応しています。バッテリーは交換可能です。再設計されたアンテナが操作性とメンテナンス性を強化しています。さらに、操作モードスイッチとC3/C4ボタンを取り去り、送信機の外観とハードウェアの両方が変更されています。MG-1P RTK送信機とMG-1S送信機に相互互換性はありません。

MG-1P RTKとMG-1S Advancedの違いは何ですか?

MG-1P RTKは、1台の送信機で最大5機のMG-1P RTKを操作することのできる複数機制御モードを搭載しています。内蔵のFPVカメラで障害物を回避し、A/B地点を記録できます。 MG-1P RTKモデルは、cmレベルの正確な飛行を行えます。また、電波干渉への強力な耐性を有しているので、噴霧の精度と飛行の安全性が向上しています。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ