DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

製品

従来の製品と比較して、DJI Mini 3 Proでは、どのような点がアップグレードされていますか?

DJI Mini 2やMavic Air 2と比較すると、Mini 3 Proは、バッテリー駆動時間/インテリジェント機能/映像伝送の点で改善され、またイメージングシステムとビジョン検知システムが刷新されています。
特に、DJI Mini 2の軽量でコンパクトボディという特徴を引き継ぎつつ、DJI Mini 3 Proでは、1/1.3インチのイメージセンサーを搭載し、ネイティブHDRに対応しています。3方向障害物検知、新たにアップグレードされたAPAS 4.0(高度操縦支援システム)にも対応しています。DJI Mini 3 Proのバッテリー駆動時間は、最大47分となっています。
* DJI O3 フルHDデジタル映像伝送に対応し、最大12 km先から安定したライブ映像を伝送します(日本の場合、最大6 km)。また、DJI Mini 3 Proは、フォーカストラック、縦向き撮影、タイムラプス、マスターショット、高速クイック転送などのインテリジェント機能にも対応しています。
** インテリジェント フライトバッテリー Plusを使用し、無風条件下で、21.6 km/hの一定速度で飛行した時の測定値です。インテリジェント フライトバッテリー Plus(別売)を使用する場合、機体は249 gより重くなります。
***飛行する前に、現地の法律および規制を確認し、厳守してください。

開封後、DJI Mini 3 Proの電源の入れ方を教えてください。

配送時の安全性を確保するため、出荷前にDJI Mini 3 Proのバッテリーはスリープモードに設定してあります。
使用前にバッテリーを機体もしくは充電ハブに挿入して、バッテリー充電器を接続して、バッテリーをアクティベーションしてください。
バッテリーのアクティベーションが完了すると、電源ボタンを一回押して長押しすると、機体の電源がオンになります。

DJI Mini 3 Proのアクティベーション方法を教えてください。

DJI RC-N1送信機を使用する場合:
お使いのモバイル端末(インターネットに接続している状態)と送信機を接続して、DJI FlyでDJI Mini 3 Proに接続します。アプリの指示に従って、DJI Mini 3 Proをアクティベーションします。
DJI RC送信機を使用する場合:
DJI RC送信機を初めて使用する際に、Wi-Fiもしくはスマートフォンのホットスポットに接続して、インターネットに接続します。アプリの指示に従って、DJI RC送信機のアクティベーションを行います。DJI RC送信機のアクティベーション後、DJI FlyアプリでDJI Mini 3 Proに接続します。アプリの指示に従って、機体をアクティベーションしてください。

DJI Mini 3 Proは防水ですか?

いいえ、防水ではありません。デバイスの故障につながるため、デバイスを水などで濡らさないでください。
飛行中に雨が降ってきた場合、できるだけ早く帰還し着陸してください。その後、機体の内部と外部が完全に乾くのを待ってから、使用を再開してください。

DJI Mini 3 Proを使用する前に、どのアプリをインストールする必要がありますか?

DJI Mini 3 Proは、DJI Flyアプリにのみ対応しています。DJI Flyアプリは、主要アプリストア、またはDJI公式サイトのダウンロードページからダウンロードできます。公式サイトで互換性を確認してください。
* DJI RC送信機をお使いの場合、DJI Flyアプリはすでにプリインストールされています。

DJI Mini 3 Proの外観が刷新されたのは、なぜですか?

DJI Mini 3 Proは、以下の利点のために、構造とフォルムを再設計した外観を採用しました。:
1. 同様のコンパクトさを維持したまま、より長いバッテリー駆動時間を実現するため:刷新されたフォルムとデザインにより、より大きなプロペラをドローンに搭載できるようになったことで、プロペラの推進効率が改善され、機体のバッテリー駆動時間が長くなりました。
2. 障害物の検知範囲を広くするため:新しいデザインにより、より大きなFOV(視野角)を持つセンサーを搭載しています。これにより、検知範囲と検知距離が増加しています。よって、DJI Mini 3 Proはより強力なビジョンセンサー性能を得ることができ、飛行中により柔軟なルートを飛行することができ、障害物回避中の安全性を確保します。
3. 縦向き撮影と軸の可動域の増加:新デザインにより、縦向き撮影が可能になったため、デジタル写真をクロップして、縦向き写真にする手間がなくなりました。ジンバルの制限が少なくなることにより、撮影アングルの幅が広がり、より自由に撮影できます。高速で飛行中の機体でも、ジンバルや撮影アングルの制限が少なくなりました。

DJI Mini 3 Proの後方ビジョンセンサーが、機体の上部に搭載されているのはなぜですか?

DJI Mini 3 Proは、ビジョンセンサーの配置を一新し、後方に飛行中、プロペラがセンサーを遮ってしまう問題を効果的に解決しました。これにより、検知範囲と性能が向上し、より安全に飛行できるようになりました。

DJI Mini 3 Proの最大風圧抵抗はどのくらいですか?

DJI Mini 3 Proの最大風圧抵抗は、8.5~10 m/s(スケール 5)です。
* 風圧抵抗は推進力に依存します。強風下では、軽量のドローンであるため、わずかな振動の発生が予測されます。しかし、推力重量比が大きいため、安定したホバリングや、安全なRTHが可能です。DJI Mini 3 Proは、ジンバルを自動制御し、風の影響を受けずに安定した映像が撮り続けられるように調整します。

カメラ

DJI Mini 3 Proは、写真や動画の撮影で、マニュアルモードに対応していますか?

はい。DJI Flyアプリで、シャッター速度、ISO、ホワイトバランスなどのカメラパラメーターを、マニュアルで設定できます。

DJI Mini 3 ProでHDRを有効にする方法を教えてください。

静止画モード:シングル撮影では、DJI Mini 3 Proは撮影シーンを認識し、自動でHDRを有効にし、より優れたダイナミックレンジを実現します。
動画モード:30fps以下で撮影時、DJI Mini 3 Proは自動でHDRを有効にします。

DJI Mini 3 Proを使って最高画質で撮影する時の動画解像度を教えてください。

4K/30fpsで撮影すると、DJI Mini 3 Proは、優れたダイナミックレンジと鮮明なディテールの両方を実現する高品質の映像を撮影します。
さらに滑らかな映像を撮影したい場合は、フレームレートを48/50/60fpsに設定してください。これらのフレームレートを使った時のダイナミックレンジは比例して狭くなります。

映像伝送

OcuSync 2.0と比較して、DJI O3映像伝送はどのようにアップグレードされていますか?

DJI O3映像伝送システムは、伝送方法が刷新され、2本だったアンテナが4本に増え、最大12 kmのフルHD映像伝送を実現しています(FCCに準拠し、障害物がない場合。日本の場合、最大8 km)。さらに耐干渉性も向上し、都市部や他の複雑な環境下でも安定した伝送を提供します。

DJI Mini 3 Proの高速クイック転送は、どのようにアップグレードされていますか?

DJI Mini 3 Proの高速クイック転送は、最大30MB/sで写真や動画を高速伝送します。

推進力&バッテリー

DJI Mini 3 Proの最大飛行高度を教えてください。

最大飛行高度は、安全上の理由から500 mとなっています。この最大飛行高度は、国や地域の現地の法律によって異なる場合があります。飛行前に、必ず現地の法律や規則を確認してください。

DJI Mini 3 Proのプロペラは、どの程度の頻度で交換する必要がありますか? また、プロペラの交換方法を教えて下さい。

各飛行の前に、プロペラに亀裂や摩耗、反り、腐食やねじのゆるみがないか確認してください。前述の状態が発見された場合、プロペラを交換する必要があります。ユーザーマニュアルの説明に従って、プロペラを交換してください。
プロペラの交換には、付属のドライバーを使用してください。下記の手順に従ってください。モーターに付いている2つのブレードとねじを取り外し、交換用の新しいプロペラとねじに交換します。マークのあるプロペラはマークのあるモーターに、マークのないプロペラはマークのないモーターに取り付けてください。飛行前に、毎回プロペラがモーターに正しくしっかりと取り付けられていることを確認してください。

DJI Mini 3 Proを充電するには、他のUSB-C充電器を使用できますか?

はい。十分な充電速度で充電するために、DJI 30W USB-C充電器またはその他のPD規格対応のUSB充電器を使用することを推奨しています。

DJI Mini 3 Proの2WAY 充電ハブの機能を教えて下さい。

DJI Mini 3 Proの2WAY 充電ハブは、USB PD急速充電プロトコルに対応し、最大3個のバッテリーを順番に充電できます。バッテリーの保管にも使用でき、USB-Aポートを使ってモバイル端末や送信機を充電できるパワーバンクとしても使用できます。(十分な電力残量のあるバッテリーが最低でも一つ接続されている必要があります。)

ファームウェア更新

DJI Mini 3 Proのファームウェアの更新方法を教えてください。

機体を送信機に接続します。(更新できるファームウェアがある場合)DJI Flyアプリでファームウェア更新のプロンプトが表示されます。指示に従って、機体、送信機、バッテリー、その他のモジュールのファームウェアを更新してください。

更新に失敗する理由は何ですか?

1. 機体もしくは送信機のバッテリー残量が20%未満の場合、更新に失敗します。
2. 更新中に、DJI Mini 3 Proまたは送信機の電源をオフにした。この場合、DJI Mini 3 Proおよび送信機を再起動し、再度更新してください。
3. ファームウェアのダウンロード中に、インターネット接続が切断された。
4. ファームウェアダウンロード中に、スマートフォンで他のアプリに切り替えた場合、更新に失敗する場合があります。
* 更新中、機体は数回再起動し、更新が完了すると自動的にシャットダウンします。

アクセサリー互換性

DJI Mini 2のアクセサリーをDJI Mini 3 Proで使用できますか?

DJI Mini 3 Proは、DJI RC-N1送信機と関連アクセサリー、DJI 18W USB充電器と互換性があります。他のDJI Mini 2用のアクセサリーは、DJI Mini 3 Proと互換性がありません。

DJI Mini 3 Proは、どの送信機と互換性がありますか?

現在、DJI Mini 3 ProはDJI RC-N1送信機とDJI RC送信機の2種類の送信機に対応しています。

DJI Mini 3 Proは、DJI GogglesやDJI モーションコントローラーに対応していますか?

いいえ。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ