DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

機体

Matrice 30 (M30)とMatrice 30T (M30T)の違いを教えてください。

これらの機体には、以下の違いがあります。M30のジンバルカメラには、広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計の3つのセンサーが搭載されています。M30Tのジンバルカメラには、広角カメラ、ズームカメラ、レーザー距離計、サーマルカメラの4つのセンサーが搭載されています。

M30シリーズのどのバージョンが、DJI Dockと互換性がありますか?

M30シリーズの機体には、M30、M30T、M30(Dock版)とM30T(Dock版)の4バージョンがあり、その中で、M30(Dock版)とM30T(Dock版)のみがDJI Dockと互換性があります。Dock版ではないM30/M30Tの機体とは互換性はありません。これは、DJI Dockと互換性を持たせるために、Dock版のM30(Dock版) / M30T(Dock版)のボディデザインが、M30/M30T(標準版)のデザインとわずかに異なっているためです。よって、DJI Dockを購入すると、M30(Dock版)、もしくはM30T(Dock版)が同梱されています。

フレームアームのロック検知機能に対応していますか?

対応しています。M30シリーズの機体には、フレームアームロック機能を搭載しています。もしアームが十分に展開されずに、正しくロックされていない場合は、アプリ上で離陸を禁止する警告が表示されます。

※この商品は別途ご案内しております。ご予約・お見積もりは下記フォームよりお問合せください。

MATRICE 30
専用お見積りフォーム ▶︎

バッテリー

2個のTB30 インテリジェント フライトバッテリーを完全に充電するには、どれくらい時間がかかりますか?

BS30 インテリジェント バッテリーステーションを使った場合、2個のTB30 インテリジェント フライトバッテリーを完全充電するのに約50分、90%まで充電するのに約40分、20%から90%まで充電するのに約30分かかります。

TB30 インテリジェント フライトバッテリーを低温環境で使用できますか?

TB30 インテリジェント フライトバッテリーの動作環境温度は、-20°C〜50°Cです。ただし、低温環境下で使用すると、バッテリー寿命が短くなります。適切に飛行を計画してください。バッテリーが最適な性能を発揮するためには、バッテリー温度を18℃以上に保つか、自己発熱機能を使って、18℃になるまで温めてください。(バッテリー温度が10℃以下の場合、離陸制限がかかります)

TB30 インテリジェント フライトバッテリーを、航空機に機内持ち込みできますか?

TB30 インテリジェント フライトバッテリーの電力量は131.6 Whです。航空機に機内持ち込みする際は、航空会社に確認の上、現地の規制を遵守してください。

長時間保管した時、バッテリーが熱を持つのはなぜですか?

リチウム電池を、完全充電された状態で長時間保管すると、バッテリー寿命が著しく短くなってしまいます。安全に保管し、バッテリー寿命が短くなるのを防ぐため、完全充電されたバッテリーは自動放電機能を起動し、バッテリー残量約60%まで放電します。この自動放電中に、バッテリーがある程度の熱を発しますが、それは正常の動作です。

バッテリーステーション

BS30 インテリジェント バッテリーステーションは、自動放電機能に対応していますか?

対応していません。

送信機

M30シリーズの送信機は、Matrice 300 RTKと互換性がありますか?

後日、対応を予定しています。

ジンバルカメラ

M30シリーズのジンバルカメラは、他のペイロードと交換できますか?

ジンバルカメラは固定されているため、交換できません。

M30シリーズの機体にはどのような撮影モードがありますか?

シングル撮影、高解像度グリッド写真、タイマー撮影、パノラマ撮影、スマート低照度写真のモードがあります。

ジンバルロック機能の使い方を教えてください。また、ジンバルをロックする必要がある理由も教えてください。

ジンバルを90°上に倒すと、チルト軸をロックします。
チルト軸をロックすることで、機体の移動中や保管中にカメラのレンズを保護し、レンズに傷がつくことを防ぎます。作業現場に到着後、ジンバルをすばやく簡単にロック解除できるため、作業準備の時間を大幅に短縮します。

応用

M30シリーズは、SDK機能に対応していますか?

Payload SDKとMobile SDKに対応しています。M30シリーズの機体の上部にあるPayload SDKインターフェースは、Onboard SDKの機能を統合しています。

M30シリーズは、高精度マッピング機能に対応していますか?

対応していません。M30シリーズは、航空測量用に設計されていません。DJI Pilot 2アプリを使って、飛行経路を計画したり、空撮用のFPVモードで写真を撮影することができますが、作成されたモデルの精度は保証いたしかねます。

M30シリーズは、D-RTK 2 モバイルステーションと一緒に使用できますか?

はい。M30シリーズと一緒に使用するには、D-RTK 2 モバイルステーションのファームウェアを最新のバージョンに更新してください。

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ