DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは。DJIインストラクターの池田です。
春ということもあり、職場に4人の新人さんが入ってくれました。とても嬉しいです。気が付けば、高校球児もアイドルも新卒社会人も自分より年下で、なんだか謎の焦りを覚えます。年齢を重ねるだけでは大人になれないと言われていますが、「子どもに戻れたらなぁ」と思うようになったら、ある程度「大人」なんじゃないかなと思っています。

さて、今回は 199gのドローンをお持ちのオーナー様向け に、2022年6月20日からの法律改正についてなるべく分かりやすくご紹介いたします。特に、全国に2,000万人はいてもおかしくないんじゃないかと思われる大人気ドローン Mavic MiniMini 2 をお持ちの方には、ぜひご一読いただきたい内容となっております。ではご覧ください。

 

2022年6月20日から変わること

結論から申し上げます。
これまで「200g未満のため無人航空機に該当しない」というメリットを持っていた Mavic MiniMini 2 も、屋外でのフライトに登録・申請が必須になります。

法律違反をしますと、50万円以下の罰金が発生します。Mavic 3が2台買えそうな金額ですね。怖すぎて泣いちゃいます。過去には悪質な飛行やルール違反を繰り返したために、逮捕や書類送検といった厳しい処罰に至った事例もあります。ルールは必ず守りましょう。

具体的には、インターネット経由で下記の2つを行う必要があります。

1. ドローンの登録
2. 飛行許可証の取得

どちらもさほど難しいものではないので、ここから順を追って説明します。

 

その1:ドローンの登録制度について

過去の「スペシャルコンテンツ」でも何度か掲載してきましたが、2022年6月20日からドローンの登録制度が始まります

100g以上のドローンが登録義務化!
登録制度についてまとめました

重量100g以上のドローンを屋外でフライトさせるためには、機体情報と所有者情報をあわせて登録し、発行された番号を機体に表示しておく必要があります。クルマのナンバープレートのようなものですね。ちなみにドローンの場合は陸運局に行く必要はありません。すべてインターネットからの手続きとなります。

「国土交通省への登録」と聞きますと、非常にややこしそうに聞こえますが、実際にやってみるとそんなに難しくありません。私も自分の機体を登録して、その際の様子をレポートしてみました。手順についてこちらからご覧くださいませ。

ドローンの登録制度は怖くない!
機体登録の手順を分かりやすく解説します

「手順見るなら動画がいい!」という方はこちらからご覧くださいませ。

また、リモートIDについては下記の動画でも紹介されていますが “事前登録期間中に登録した機体” については搭載が免除されます。搭載が免除されるのは3年間で、その後はリモートIDが必須になるのか、内蔵式の機体が発売されるのか、現時点では分かりません。発表が待ち遠しいですね。

 

その2:ドローンの飛行申請について

いわゆる「無人航空機」を飛行禁止区域や、夜間飛行など一定の条件下で飛ばす場合には、これまでも航空法上の制限が敷かれていました。200g以上の機体では国土交通省への申請なしに飛ばすことはほぼ不可能、といっても過言ではない状況でありました。

さて、これまで無人航空機の定義といえば “人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもののうち重量200g以上のもの” といわれてきました。199g以下のものについては 「模型航空機」という扱いです。


しかし、2021年11月25日に発表された官報を見てみますと、衝撃的なコメントがあります。

インターネット版 官報 令和3年11月25日

 「第五条の二中『二百グラム』を『百グラム』に改める。

つまり100g以上200g未満のドローンは「模型航空機」から「無人航空機」に改められるということです。結果としてMavic MiniやMini 2も、Mavic 3やAir 2Sと同様の申請を実施する必要があります。おめでとう、あなた達もこれからは立派なオトナです。。。

・・・というわけで、Mini 2 や Mavic Mini のオーナー様もドローンの飛行申請について今まで以上に気を付ける必要が出てきました。「申請」と聞くと難しく考える方が多いですが、難易度は通販サイトの会員登録と同レベルです。詳細はコチラからご覧ください。

ドローン飛行許可申請
~ DIPS でのWEB申請について ~

 

つまり何をすればいいの?

繰り返しになりますが、199gのドローンを屋外でフライトさせる場合には下記の2つが必要です。

どちらの手順も詳細をリンク先に公開しておりますので、まずはご覧ください。申請サイト上での機体詳細の記載の有無など、悩む部分もあるかと思いますので、200g未満の機体の飛行申請については、後日またスペシャルコンテンツとしてアップする予定です。

また、セキドオンラインストアでは、ドローン選びや購入、機体登録についての不安を解消する「はじめてのDJIドローン 入門セミナー」など、目的やレベルに合わせた無料WEBセミナー/実演会を開催しています。きっと、お役に立てるセミナーが見つかりますので、ぜひご覧ください!

無料セミナー
無料WEBセミナー・体験会 一覧

 

ドローンのお悩みは DJI認定ストアへ

ドローンの新規導入や買い替え、お悩み相談については DJI認定ストア 東京虎ノ門/福岡博多 までお気軽にお寄せください。専門知識を備えたスタッフが対応いたします。
なお、2022年4月より東京虎ノ門ストアの営業日が変更になり、土日はお休みをいただいております。ご来店いただく際はご注意ください。
皆さまのご来店お待ちしております!

DJI認定ストア 東京虎ノ門 詳細

DJI認定ストア 福岡博多 詳細

ドローンや関連アクセサリーの購入はコチラ!DJIドローン 商品一覧

セキドのメルマガを購読しませんか

セキドオンラインストアでは、新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

       お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
メルマガ登録でドローンとカメラに役立つ情報が毎週届く

開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ

閉じる

セキドのメルマガを購読しませんか

新製品や機能紹介、キャンペーン、
イベントなどの最新情報を毎週お届けしています。

お問い合わせメルマガ登録はこちらから

Follow Me

  • facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • instagram
ドローン安全運用宣言
セキドのメルマガを購読しませんか?