DJI ドローン|PGYTECH SUBLUE HOBBYWING 総代理店 セキドオンラインストア

こんにちは、セキド テクニカルサポートチームです。
今回はDJIパイロットアプリに付属している、フライトシミュレーターについて紹介します。

こちらの記事では、フライトシミュレーターを使ってできることと、実際の使用方法をお伝えします。

 

 

フライトシュミレーターでできること

フライトシミュレーターでは、実際に機体を飛ばしているかのように操作できるので、

・基本的な操作の練習
・GPSが効いていない状態(Aモード)での挙動や操作感の変化の確認
・フェイルセーフを行うとどのように戻るのかの確認
・風の影響をどの程度受けるかの確認
・IOC(CL)機能のテスト

などを行うことができます。

また、ジンバルダイアルを動かすと、CGモデルのジンバルも同じように動かすことができます!

※IOC(CL)機能とは、コースロックおよびホームロックの2つのモードがあり、GPSを利用した機体の機首方向に関係なく、常に同じ操作で制御できる機能となります。

 

 

シミュレーターの使用方法

1. 送信機と機体の電源を入れ、モバイル端末を接続します。
※シミュレーターの際にも、必ず機体を起動する必要があります。

 

2. DJIパイロットアプリのトップページから、右上のヘルプをタップします。

 

3. 次のページで、飛行モード(○で囲った部分)をタップします。

 

4. シミュレーターが起動します!

 

5. 接続している機体に応じて、シミュレーター内の機体も変化します。INSPIRE 1の場合は、ランディングスキッドの上下も可能!

 

6. 風速と風向きが表示されているアイコンをタップすると、風速や風向きを自由に設定できます。

 

フライトシミュレーターの使用方法は以上です。

 

 

フライトシミュレーターのメリットは、何よりも実機を飛ばすわけではないので、墜落などによる破損が起きない。
これに尽きます!

シミュレーターで機体操作などを確認したうえで、安全に配慮したフライトを楽しみましょう。

 

※現在フライトシミュレーターに関しては、iOS版のパイロットアプリでのみ対応となっております。
※実際の機体は必ずしもフライトシミュレーターと同じように動くわけではありません。
※風や気温、気圧の変化、電波や地場の影響など、実際には様々な影響を受け、またプロペラや機器の破損、バッテリー切れなどが起こり得ます。

【再入荷】PHANTOM4 PRO V2.0シリーズ MAVIC MINI | 自由を手に、飛び立とう オリジナルポーチ【お買い物特典】 下取りサービス(ドローン) MAVIC 2 PRO |折りたたみ式 超高画質 MAVIC Air | 3軸ジンバル 32MPパノラマ クラウドファンディング【PGYTECH OneMo BackPack】 レンズが選べるアクションカメラ Insta360 ONE R Insta360 ONE X 特別クーポン OSMO シリーズ | 滑らかでブレ知らずの撮影 RONIN シリーズ | 一眼レフを搭載可能なスタビライザー キャッシュレス・消費者還元事業
Insta360 GO
SEABOW | SUBLUE ハイエンド水中スクーター
無料会員登録
メルマガ登録メルマガ登録
開始まであと

2

【事前告知】
11/22よりキャンペーン開始予定!

取扱メーカー

HOBBYWING SAVOX DJI pgy propeller
CCROV BlueRobotics SUBLUE VUFINE AMIMON

このページの先頭へ